FLOWのKEIGO、バンド加入のきっかけは「Xジャンプ」が高く飛べたから!?

FLOWのKEIGO、バンド加入のきっかけは「Xジャンプ」が高く飛べたから!?

FLOWのKEIGO、バンド加入のきっかけは「Xジャンプ」が高く飛べたから!?

ロックバンド「MUCC」のヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。4月8日(月)の放送では、4月10日(水)に3年ぶりのオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』をリリースしたFLOWから、ヴォーカルのKEIGOさんとギターのTAKEさんが登場。KEIGOさんのバンド加入のきっかけを振り返りました。
(TOKYO FM「JACK IN THE RADIO」2019年4月8日(月)放送より)


FLOWのKEIGOさん(左)と、TAKEさん(右)。中央は番組パーソナリティのMUCC・逹瑯



逹瑯:まもなく平成が終わりますが、ふたりにとって「平成」はどんな時代でしたか?

KEIGO:俺、まさかバンドをやると思ってなかったんですよ。

逹瑯:あら。何が夢だったんですか?

TAKE:(KEIGOは)印刷会社の面接を受けてたんですよ。

KEIGO:そうそう。就職活動でね。

TAKE:印刷したかったんだね。

KEIGO:人が話しているときに、ボケてくるんじゃないよ!(笑)。

一同:(笑)。

KEIGO:(ヴォーカルの)KOHSHIとTAKEが、学生時代にコピーバンドをやっていて。

TAKE:X JAPANのね。

KEIGO:KOHSHIと友達だったっていうのもあって、それをけっこう観に行っていて。

TAKE:Xジャンプをしにね。

KEIGO:そう、お客さんとして。なので、KOHSHIに誘われてなかったらバンドはやってなかった。FLOWが初めてのバンドなので。

逹瑯:KOHSHIくんに誘われてたんですね。

KEIGO:そう。

逹瑯:けっこうめずらしくないですか? ヴォーカリストが、ツインヴォーカルをやろうってほかのヴォーカルを誘うのって、あんまり聞かない。

TAKE:当時流行っていたからね、ツインヴォーカル。ミクスチャーロックでツインヴォーカルで、バンドとラッパー、シンガーとラッパーみたいなのがけっこういましたから。「山嵐」、「宇頭巻」はもう活動されていたし。

KEIGO:そうだね。山嵐はもういたもんね。

TAKE:そういうのが主流な中で、自分たちもそういうのをやりたいなっていうのがあって。

逹瑯:へぇ〜! KOHSHIくんって、ひとりで歌いたそうに見えるっていうか、歌の主張が強い人だから、最初にKOHSHIくんから誘ったっていうのがちょっと意外。

KEIGO:デモ音源を作ったら、詰め込みすぎて、ひとりで歌えなかったんだって。

逹瑯・TAKE:(笑)。

逹瑯:それはそれで我が強い(笑)。

TAKE:まあ、最初は(KEIGOの)パートは少なかったよね。立ち位置も半歩下がってたし。

逹瑯:へぇ〜!

KEIGO:最初の頃は、まさか本気でプロを目指してるって思ってなかったから。

TAKE:でも、(KEIGOは)ノリがすごく良くて。X JAPANのコピーバンドをやってるときに、客席にいたんだけど、もうすごく目立っていて! 「目障りだな」と思っていて。

KEIGO:いいじゃん!(笑)。

TAKE:(笑)。Xジャンプも、ほかの人より高かったし。

逹瑯:そのジャンプ力が(FLOWのライヴにも)活かされてますから。

TAKE:これはアリだなと思って、引き入れちゃおうと。

KEIGO:そうそう。


◎4月15日(月)の「JACK IN THE RADIO」は、メリーのガラさんをゲストにお迎えします! どうぞ、お楽しみに!

◆放送時間変更のお知らせ◆「JACK IN THE RADIO」は、2019年4月より放送時間が毎週月曜25:30〜26:00になりました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年4月16日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送エリア:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜25:30〜26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/jack

関連記事(外部サイト)