ゲッターズ飯田「“真面目”は褒め言葉ではない」

ゲッターズ飯田「“真面目”は褒め言葉ではない」

ゲッターズ飯田「“真面目”は褒め言葉ではない」

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。

ゲッターズ飯田



[今週のしあわせ言葉]
努力と真面目だけでは幸せにならない。融通が利き、楽観的になったほうが、幸せ度は高かったりする。

日本人に非常に多い、"真面目ぶる"人たち。
占いで、「あなた真面目じゃない」と言うと、言い返されたりもします。
決して、真面目であるということは、プラスじゃない。真面目って誉め言葉でもない。
真面目な人って、融通も利かない、考え方がかたい、視野も狭い。
でも、決して真面目な人じゃないのに、なぜか真面目ぶる人が多いのが日本人です。
どうやら、日本人にとって、真面目じゃないことが低い評価と捉えがちなのでしょう。
真面目であることより、何事にも融通が利くこと、臨機応変に考えられ、対応力のある人のほうが魅力的です。
ただ真面目なだけなんて、魅力は感じません。
大事なことは、楽観的に考えられること。
でも、楽観的と楽天的とは違います。
何をやっても失敗のリスクを考えず、後先のことも考えない。それが、楽天的。
一方で、楽観的や楽観主義というのは、いま目の前の苦労をプラスに捉える。
苦手な上司がいても、この状況をクリアできれば、今後役立つかも……とか
人生の危機や落ち込んでいるときがあっても、ここで踏ん張ればこの先はきっと好転する……とか、
「雨が降って困るな」と思っても、「その代わり、ダムには水が溜まって、いいかも」と考えられること。
そんなふうに、先々のメリットを想像し、プラスの面に目がいくことが楽観的です。
楽天的とは違います。
楽観的に物事を考えられれば、必ずプラスに転がります。
なんでもかんでも努力と真面目で乗り切ろうとするのは違います。
融通が利いて、楽観的に考えることをまず優先にしていきましょう。

紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。

<ゲッターズ飯田 プロフィール>
これまで約5万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。これまで占ってきた実績から「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどに数多く登場する。自分の占いで「顔は出さないほうがいい」からマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は100万人を超え、いま日本で最も有名な占い師。著書には「ゲッターズ飯田の運命の変え方」「ゲッターズ飯田の運命を変える言葉」(ポプラ社)、「ゲッターズ飯田の運の鍛え方」(朝日新聞出版)、「開運レッスン」(セブン&アイ出版)などがある。

関連記事(外部サイト)