モトリー・クルー、イーグルス…GRANRODEOが「L.A.愛」を感じる名曲を紹介!

モトリー・クルー、イーグルス…GRANRODEOが「L.A.愛」を感じる名曲を紹介!

モトリー・クルー、イーグルス…GRANRODEOが「L.A.愛」を感じる名曲を紹介!

アニソン界を代表する実力派ロックユニット・GRANRODEOがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER〜GRANRODEOのまたまたハートに火をつけて〜」。4月16日(火)の放送では、GRANRODEO初のロサンゼルスレコーディングを記念して、ボーカル・KISHOWとギタリスト・e-ZUKAが「L.A.愛」を感じる名曲を紹介しました。

KISHOW、e-ZUKA



◆KISHOWセレクト:モトリー・クルー「Girls Girls Girls」

KISHOW:L.A.といえば、やはりL.A.メタルが頭をよぎる。80年代カルチャーというかね。そこで、モトリー・クルーの「Girls Girls Girls」を!

e-ZUKA:うーん、いいですねぇ。これは何年の曲?

KISHOW:1987年ですね。

e-ZUKA:(1987年は)僕が専門学校を卒業した年で。当時、「黎紅堂(れいこうどう)」という東京・代々木のレコード屋でバイトしてたんです。で、毎朝この曲と、アンディ・テイラーの「I Might Lie」を爆音でかけてた。だから懐かしいんですよ。レコードだったし!

KISHOW:CDじゃなくてね(笑) ! L.A.メタルといえば、僕はモトリー・クルー。「シャウト・アット・ザ・デヴィル」とか「キックスタート・マイ・ハート」、「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」、そして「Girls Girls Girls」。ヴィンス・ニールのハイトーンでシャウトする声も大好きで、よく真似してましたよ。

◆e-ZUKAセレクト:イーグルス「ホテル・カリフォルニア」

e-ZUKA:僕もやっぱり、L.A.といえばL.A.メタル。(世代も)ど真ん中ですから。ラットだ、ドッケンだ、ポイズンだ、クワイエット・ライオットだとか。

KISHOW:あっ! (L.A.メタルなら)もうひとつだけ言わせて! マイナーだけどロキシー・ブルー。すごく好きだったな。

e-ZUKA:僕らの子どもの頃のL.A.というと、ウエストコーストサウンド。ちょっとおしゃれな感じね。例えばドゥービー(・ブラザーズ)の「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」とか。そして、“このギターソロが好きだ!”というのもありまして。それがイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」。

KISHOW:おおっ!
e-ZUKA:声がいいよね、ドン・ヘンリーの。

KISHOW:上手いよなぁ。この曲にL.A.を感じる。

e-ZUKA: いいっすよね〜、ギターソロ、全部歌えるもんね!

この日の放送では、5月15日(月)リリースのGRANRODEOの8thアルバム『FAB LOVE』から、ロサンゼルスでレコーディングした新曲「Take it easy」も初オンエア。次週もアルバムの新曲が披露されるかも? お楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年4月24日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER〜GRANRODEOのまたまたハートに火をつけて〜
放送日時:毎週火曜25:00〜25:30
パーソナリティ:GRANRODEO
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

関連記事(外部サイト)