SMAP、B’z、ミスチル、嵐…「平成を代表する男性アーティスト」1位は!?

SMAP、B’z、ミスチル、嵐…「平成を代表する男性アーティスト」1位は!?

SMAP、B’z、ミスチル、嵐…「平成を代表する男性アーティスト」1位は!?

眞鍋かをりがパーソナリティをつとめ、リスナーと一緒にテーマに沿った独自の音楽チャートを作り、今みんなが聴きたい曲をシェアしていくTOKYO FMの番組「KOS? Your Songs Best10」。4月21日(日)の放送は、「平成を代表するアーティストBEST10【男性アーティスト編】」をお届けしました。

※写真はイメージです



第10位は、ゆず。平成8年3月に結成し、平成10年にシングル「夏色」でメジャーデビュー。横浜・伊勢佐木町での路上ライブからスタートして、いまも第一線を走り続けています。

第9位は、福山雅治さん。平成2年の歌手デビュー後は、シンガーとしてだけでなく、俳優、ラジオパーソナリティーなどマルチに活躍しています。眞鍋は「アラフィフでも、かっこよさは健在ですよね〜」とコメントしていまいた。

第8位は、平井堅さん。平成7年にデビューし、15年には日本人男性ソロアーティストとしては初めて「MTV Unplugged」に出演。リスナーからは、「平成を代表する男性アーティストといえば、私の中ではダントツで平井堅さん。バラードからポップ、ゴスペルまでとにかく幅広く、そして、あのインド人のようなお顔……もう最高です!」というメッセージが届きました。

第7位は、嵐。平成11年に結成、「A・RA・SHI」でデビュー。平成時代を駆け抜け、来年、令和2年12月31日をもって活動休止予定。現在は、20周年アニバーサリーツアーの真っ最中です!

第6位は、スピッツ。平成3年にデビューし、7年にシングル「ロビンソン」がミリオンセラーを記録し大ブレイク。現在放送中のNHK 連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌も担当しています。

第5位は、米津玄師さん。平成の終わりに登場した、ネット世代のカリスマです。平成30年リリースの「Lemon」は、2018年度の音楽シーンで最大のヒットとなりました。

第4位は、Mr. Children。平成4年にデビュー、5年リリースの「CROSS ROAD」でブレイクし、90年代以降、数多くのヒットを生み出しています。リスナーからは、「高校生の頃からの大ファンです。青春を一緒に過ごしたミスチル。令和に元号が変わっても、まだまだファンを続けます!」というメッセージが届きました。

第3位は、B'z。平成にリリースしたシングルとアルバムの売上枚数をまとめた「平成30年ランキング アーティスト別セールス」で総合1位を獲得(オリコン調べ)。眞鍋は「大学の先輩でもある稲葉さん、本当に崇拝しております!」と熱く語りました。

第2位は、星野源さん。平成28年にテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演し、エンディングテーマ「恋」とともにブレイク。俳優や文筆家としても活躍する現代のポップスターです。
リスナーからは、「一見穏やかに見えるその姿とは裏腹に、音楽への情熱が燃えたぎっている人なんだなぁと、最新アルバム『POP VIRUS』をきいて思い知りました。世界中の音楽にアンテナを張り、自分なりの咀嚼をして、表現されているのが素晴らしいです!」という熱いメッセージもいただきました。

第1位は、SMAP。平成3年にCDデビュー、平成28年をもって解散しましたが、今もなお“永遠の国民的グループ”として多くの方から愛されています。眞鍋は「やはり“平成を代表する”となると、この方たちを置いて、ほかにいないでしょう!」「SMAPという存在は、令和の時代にも語り継がれることでしょう」とコメント。また、リスナーからも「もう、SMAPほどの国民的アイドルは現れないのではないかと思います」「『世界に一つだけの花』で広まった“オンリーワン”という言葉も、平成を代表する言葉なのではないかな?と思います」など、たくさんのメッセージが届きました。

「平成を代表するアーティストBEST10【男性アーティスト編】」はコチラ。
第10位 ゆず
第9位 福山雅治
第8位 平井堅
第7位 嵐
第6位 スピッツ
第5位 米津玄師
第4位 Mr. Children
第3位 B'z
第2位 星野源
第1位 SMAP

次回4月28日(日)放送のテーマは、「平成を代表するアーティストBEST10【女性アーティスト編】」です。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:KOS? Your Songs Best10
放送日時:毎週日曜11:00〜11:30
パーソナリティ:眞鍋かをり
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/best/
番組公式Twitter:@songsbest10
ハッシュタグ:#kose#songsbest10

関連記事(外部サイト)