木村拓哉 ジャニーズ先輩の“イジリ”に「やめて…(笑)」

木村拓哉 ジャニーズ先輩の“イジリ”に「やめて…(笑)」

木村拓哉 ジャニーズ先輩の“イジリ”に「やめて…(笑)」

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。4月のゲストには、岡本健一さんが登場。4月28日(日)の放送では、岡本さんが“人生の1曲”について語りました。


◆岡本健一さんの“人生の1曲”
毎回、番組ゲストに挙げてもらっている“人生の1曲”を聞かれた岡本さんは、少し考えつつ「実際に曲をかけてくれるわけじゃないんでしょ?」と問うと、「かけます!」と即答する木村。岡本さんが「かけるの? かけなくてもいいけど」と言えども、「いや、かけます!」と木村は引かず、コントのようなやり取りに笑い合います。
そして、岡本さんの「(曲が)長いんだよ……25分ぐらい」とのつぶやきに、想像を遥かに超えていたのか、木村は「はぁ!?」と声を上げます。「クラシックとかですか?」との問いに、岡本さんが挙げた曲はピンク・フロイドの「Shine On You Crazy Diamond」。

岡本さんが1989年に初舞台を踏んだ、蜷川幸雄さん演出「唐版・滝の白糸」のオープニングにこの曲が使われていたそうです。それを聴いた岡本さんは、「ピンク・フロイドがオープニングなんだ!? すげ〜選曲だな」と感じたと言います。

「いいですね、それ。かけましょう!」と曲をかけようとする木村に、「でもね、(番組を放送している)日曜の昼間に聴くんだったら、『Wish You Were Here』のほうがいい。これ、めちゃめちゃいい曲」とオススメする岡本さん。
当時、聴いていたという1988年リリースのピンク・フロイドのライブアルバム『光〜PERFECT LIVE!』にどちらも収録されているそうで、「1980年代後半、ちょうど拓哉と会った頃に聴いていた曲とか、影響を受けたものとかがなんだかんだ言って今も変わらず好きでいるんだな……みたいな」と思いを語ります。

◆“人生の1曲”が導いた演劇への道
あくまでかける曲は「Wish You Were Here」ながら、岡本さんは「自分のなかで人生が変わったと思う曲は『Shine On You Crazy Diamond』かな。これで“俺は演劇に行く!”と決めたから」と選曲理由を明かしました。

そんな岡本さんの話に、木村が「そっち(「Shine On You Crazy Diamond」)は、BGMで薄〜く流して、人生の1曲では『Wish You Were Here』をかけさせていただいてもいいですか?」と確認すると、「好きにして、キャプテン(※番組での木村の呼称)だから」と最後も“キャプテン”いじりを忘れない岡本さん。
前回に続き、岡本さんが時折茶化してくる“キャプテン”いじりに、「やめて……(笑)」とタジタジの木村でした。

次回5月5日(日・祝)の放送は、俳優の桐谷健太さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年5月6日(月・振休) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)