ミポリン、ナンノ…ロックユニットGRANRODEO 子どもの頃の“推し”は…!?

ミポリン、ナンノ…ロックユニットGRANRODEO 子どもの頃の“推し”は…!?

ミポリン、ナンノ…ロックユニットGRANRODEO 子どもの頃の“推し”は…!?

アニソン界を代表する実力派ロックユニット・GRANRODEOがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER〜GRANRODEOのまたまたハートに火をつけて〜」。4月23日(火)の放送では、ボーカル・KISHOWとギタリスト・e-ZUKAが、「ラジオ愛」と「思い出のアイドル」を語りました。

GRANRODEO



◆子どもの頃に聴いたラジオといえば……?

e-ZUKA:僕らが子どものときは、海外と繋がることができたり、東京との繋がりを身近に感じられるものはラジオでしたね。

KISHOW:トランジスタラジオだね。

e-ZUKA:昔のFEN(Far East Network・極東放送網/在日米軍向けラジオ放送)……今のAFN(American Forces Network・米軍放送網)に、海外のライブを流す番組があって、オジー・オズボーンのライブが流れたんです。ランディ・ローズがまだ存命のときの。ノイズの中に、たまに音楽が聴こえるくらいだったなぁ。あとは短波放送ですね。

KISHOW:ラジオはリスナーとのコミュニケーションがありますね。

e-ZUKA:ハガキ職人とかいますよね。

◆初めて夢中になったアイドルは……?

KISHOW:僕ら昭和50年(1975年)生まれにとってのアイドルは、思いっきり光GENJIかな。1987年デビューなので、小6のときですね。クラスの女子はみんな夢中だった。1983年にはチェッカーズがデビューするんですが、僕の初恋の子は(藤井)フミヤさんのファンでしたね。僕は、アイドルで一番最初に可愛いと思ったのがミポリン(中山美穂)で、次がナンノ。

e-ZUKA:南野陽子さんね!

KISHOW:歌唱も好きだったな。e-ZUKAさんはどうですか?

e-ZUKA:僕はやっぱり、山口百恵さんとか。アイドルではないけど、Charさんもちょっとアイドルみたいな目線で見ていましたね。ピンクレディーは、本当に好きでした。小学生の頃、うちの地元(新潟県十日町市)の雪まつりにピンクレディーが来たんですよ。ケイ(現:増田恵子)ちゃんが、風邪を引いて僕の家に泊まりに来る夢を見ました(笑)。

KISHOW:ケイちゃんが好きだったんですね。

e-ZUKA:僕はケイちゃんでしたね。もうちょっと大人になってからは、ミポリンとかキョンキョン(小泉今日子)が好きでした。あと、おニャン子クラブの新田恵利さん。僕に似てると言われていたので(笑)。

KISHOW:たしかにそう。すごく雑に分けると、同じカテゴリーの顔をしているんですよね(笑)。

GRANRODEOは、5月8日(水)に30thシングル「セツナの愛」、5月15日(水)には8thアルバム『FAB LOVE』を2週連続リリース。7月からは、「GRANRODEO LIVE TOUR 2019 "FAB LOVE"」と題された全国ツアーもスタートします。詳しいスケジュールは、GRANRODEOの公式Webサイトをチェックしてください!

<番組概要>
番組名:THE QUARTER〜GRANRODEOのまたまたハートに火をつけて〜
放送日時:毎週火曜25:00〜25:30
パーソナリティ:GRANRODEO
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

関連記事(外部サイト)