吉田麻也「ヘディングを上から叩きつけられて…」コーナーキックで驚愕のプレーをされた“元マンCのレジェンド”とは?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 吉田麻也がTOKYO FMのラジオ番組で、コーナーキックで守りにくい選手について語った。
  • コーナーキックの守備ではマンマークとゾーンマークがあるが、プレミアリーグではマンマークが主流だという。
  • 吉田はマンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニが一番印象に残った選手で、上からヘディングを決められ驚いたと振り返った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

吉田麻也がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「吉田麻也のチャレンジ&カバー」(毎週月~金曜14:55~15:00)。リスナーの切実なお悩みや質問に、世界の一線で戦ってきた経験や思考を基に、吉田麻也が90秒でアドバイスを送ります! 12月5日(火)の放送では、コーナーキックで最も守りにくかった選手について語りました。

今回の放送内容を、音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でチェック!


吉田麻也



<リスナーからのメッセージ>
「コーナーキックの守備で“一番守りにくい”と思った選手は誰ですか? また、うまい選手は何が違いますか?」

吉田:専門的な話ですが、コーナーキックの守備をするときは“マンツーマン”と言って、一人ひとり(相手を)マークするパターンと、“ゾーン”と言って、ポジションを守る2つの守備形態があり、両方を併用するチームもあれば“マンツーマンだけ”というチームもあります。センターバックの僕は、基本的にマンツーマンで(相手のマークに)つくことが多いです。ちなみに今のチーム(MLSのロサンゼルス・ギャラクシー)も、コーナーキックはマンツーマンですね。

(マンツーマンは)基本的に身長が同じくらいの選手をマークすることが多いので、ディフェンダー同士がマッチアップすることが多いんですよ。僕も、相手のセンターバックの一番大きい選手につくことが多いかなと思います。

マークを外すのがうまい選手は結構いるんですけど、僕が一番記憶に残っているのは、今バーンリーFC(イングランド・プレミアリーグ)の監督をしているヴァンサン・コンパニですね。

元マンチェスター・シティFC(プレミアリーグ)のキャプテンで、ベルギー代表のキャプテンでもあったレジェンドなんですけど、いい選手だったんですよ。ただ、ケガがものすごく多くて稼働率は悪かったんですけど、出たときはもうピカイチで。

多分、ヘディングを上から叩きつけられて失点したのは、あの選手が初めてですね。しかも、完全に自分の間合いでクリアできると思ったら、その上から“ズドン!”と(ヘディングでボールを)叩かれて、ゴールを入れられて。“とんでもない選手がいるな”と思ったのをすごく覚えています。

プレミアリーグにはそういう猛者がたくさんいるので、そこで頑張っている三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC)や冨安健洋(アーセナルFC)の活躍は素晴らしいなと思います。

----------------------------------------------------
12月5日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月13日(水) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、本編ではカットされた部分も聴ける完全版をお届け! 日本代表選手のエピソードなども聴けるかも!?
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:吉田麻也のチャレンジ&カバー
放送日時:毎週月~金曜14:55~15:00
パーソナリティ:吉田麻也
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/100000347

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?