粗品「『芸人になりたい』と思ったことは1回もなくて…」“アーティスト”になりたかった少年がお笑いの道に進んだ理由とは?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • お笑いコンビ・霜降り明星の粗品さんが、自身が作詞作曲したアーティストとしての業績を紹介した。
  • 高校生時代にはアーティストを目指していたが、R-1への参加がきっかけでお笑いの道へ。
  • 音楽との出会いを語る一方、若者から相談がありアドバイスを送った番組だった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。12月7日(木)の放送は、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品さんがアーティストとしてゲスト出演。バンドプロジェクトを始動し、自身が作詞・作曲した楽曲「宙ぶらりん」を11月22日に配信リリースした粗品さんに、パーソナリティのCOCO教頭(CRAZY COCO)が、お笑いの道に進んだきっかけを伺いました。

COCO教頭、粗品さん



今回は、芸人ではなくアーティストとして登場した粗品さん。芸人として活動するかたわら、2020年にボカロ曲を発表し、2021年には自身のレーベル「soshina」を設立。同年3月に、第1弾楽曲「乱数調整のリバースシンデレラfeat.彩宮すう(CV: 竹達彩奈)」をリリースしました。

2023年4月にリリースした楽曲「夕さりのカノン feat. 『ユイカ』」は、アニメ「青のオーケストラ」(NHK Eテレ)のエンディング曲に抜擢。11月22日に、作詞作曲、ボーカルとギターを担当した楽曲「宙ぶらりん」をデジタルリリースしました。


アーティストとしても活躍の場を広げ続けている粗品さんですが、高校生のころには、当番組が主催する10代のアーティストのみによる音楽フェス「閃光ライオット」に応募したこともあるとのことです。

粗品さん



――なぜ、お笑いの道へ?

COCO教頭:高校1年生のときに「R-1グランプリ」に初出場されているじゃないですか? 10代のころは、芸人になりたかったのでしょうか? それともアーティストになりたかったのでしょうか?

粗品:小さいころは、絶対アーティストになりたくて。高校生になってから、わからんくなったんですけど。「R-1グランプリ」は遊びで出たんですよ。

COCO教頭:そうなんですね。

粗品:お笑いは……「芸人になりたい」と思ったことは1回もなくて。でも、向いていたから、そのままなったんですよね。たまたま結果が出たし、「自分がおもろいらしい」ってわかったから……だから、どちらかというと、“アーティストになりたかった”ほうがデカいですね。

COCO教頭:でも、今のタイミングまでアーティストのほうに来なかったのには、理由があるんですか?

粗品:でも、お笑いも大好きなので。自分がめちゃめちゃ向いているから……お笑いに!

COCO教頭:ヤバッ!(私も)言いたい(笑)!! 天職に出会えた感じだったんですね。

粗品:出会いました。



番組では他にも、音楽との出会いについて語る場面もありました。

また、この日は「なんでも相談室」をテーマに放送。「やらないといけないことがあるのに、好きなこと優先してしまう」という15歳のリスナーと、「自分に自信が持てない」という15歳のリスナーに電話をつなぎ、背中を押す言葉を届けました。

----------------------------------------------------
12月7日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月15日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?