きゃりーぱみゅぱみゅ リスナーへ「いいね」とアドバイス

きゃりーぱみゅぱみゅ リスナーへ「いいね」とアドバイス

きゃりーぱみゅぱみゅ リスナーへ「いいね」とアドバイス

きゃりーぱみゅぱみゅさんが、5月9日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。10日に配信リリースされた新曲「きみがいいねくれたら」にちなみ、リスナーが宣言する内容に『いいね』するかを判定しアドバイスを送りました。その中から20歳の女性リスナーとのやり取りを紹介します。



――リスナーの宣言
【きゃりー園長が『いいね』をくれたら、実習中の彼氏を直接励ましたいと思います!】
このリスナーには、同じ看護学校に通う付き合って半年の彼氏がいます。彼は10月まで実習中で、休日しか会えていないとのこと。リスナーはこの長い実習をLINEや手紙では励ましているものの、今回は直接言うためにきゃりーさんの一押しを求めています。



とーやま校長:5ヵ月間の実習っていったら大変ですよね。

きゃりー:大変ですよ。毎日学ぶことが多いから、きっといろいろ参っちゃうこともたくさんあると思いますよ。

とーやま校長:何で励ましたいの?

リスナー:去年も実習があったんですけど、そのときに彼氏が精神的にちょっとやられたっていうか……。

とーやま校長:そうか。今回もそうならないために直接言葉をかけたいと。(キャリーに)これは、『いいね』をくれますか? くれませんか?

きゃりー:『いいね』を……あげます!
これは、スーパーいい女になるきっかけだと思います。きっと彼氏も手紙とかLINEとかよりも、(直接伝えることで)「え、こんな風に言ってくれるんだ」みたいな。新しい一面を見られるから、もっと(リスナーを)好きになるんじゃないかな。

とーやま校長:会う機会は減るかもしれないけど、お互いの愛がさらに大きくなる時間になりますよね。

きゃりー:なると思う。

とーやま校長:きゃりー園長の言葉を聞いてどんなことを思った?

リスナー:やっぱり直接言うのが大事なんだなと。

きゃりー:でも、ひとつ気をつけてほしいというか、私だったら思うことがあるんです。彼も一生懸命やってるから、褒め方が上からにならないように気をつけてほしい。一歩間違えると、「俺も一生懸命やってるから!」って(思うかもしれない)。男の人はプライドもあるから、言い方は結構重要な気がしますね。

とーやま校長:かけたい言葉を紙に書くなりして、一旦冷静に確認したほうがいいと。

きゃりー:(彼氏が)頭いっぱいいっぱいになっちゃっていて自分のことで精一杯だと、一言が地雷になってすごいケンカになっちゃったりとかもあると思うんですよ。

あしざわ教頭:良かれと思って言ったことなのにね。

きゃりー:そうそうそう。だから、本当にリスペクトして、相手を立てる感じが一番いいかなーって思いました。

とーやま校長:もう『いいね』どころか、気持ちの面でもたくさん言葉をいただけて良かったね。これでいけるはずだから、がんばれ!

きゃりー:がんばってね!

リスナー:ありがとうございます!

(この番組できゃりーさんは、“きゃりー園長”と呼ばれています)


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年5月17日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)