今日からできる「開運アクション」! イヴルルド遙華のオススメは?

今日からできる「開運アクション」! イヴルルド遙華のオススメは?

今日からできる「開運アクション」! イヴルルド遙華のオススメは?

NOMAがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「東京プラネタリー☆カフェ」。4月27日(土)の放送では、前回に引き続きフォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんが登場。オススメのパワースポットや新時代・令和について伺いました。

NOMA、イヴルルド遙華さん



◆オススメのパワースポット
前向きで明るいアドバイス、ポジティブな鑑定で多くの女性から支持を集める、フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さん。
元来、好奇心旺盛な性格で、興味を持つと、たちまちその世界にのめり込むとか。ときには、ハワイで代々続く魔女をアポなしで訪ね、“魔女の修行”をしたこともあったそうです。

そんなイヴルルドさんは、世界中のパワースポットにも足を運んでいるそうです。最近のオススメは、インドネシアのバリ島。イヴルルドさんは、「バリという言葉には、“祈り”や“祀り”という意味があって、毎日お祈りを捧げるとても気持ちがいい国」と言います。お祈りをすることが生活の一部となっている国とあって、「バリは、マインド的にまず人を“許す”ことからスタートする」と語ります。

また、バリには“ニュピ”と呼ばれる聖なる日(ヒンドゥー教における新年の始まりとされる日)があり、その日は1日中、電気や火などを使ってはいけず、外出もできないそうです。

「今の時代に、そういうことをするとは、初めて聞きました!」と驚くNOMA。1日中静寂に包まれ、夜は一面暗闇になるそうで、イヴルルドさんは「家から空を見ると、天の川がすごいんです!」と興奮気味に語ります。そのとき、立て続けに“流れ星”を見たイヴルルドさんは「感動的でした!」と声を弾ませます。ところが、流れ星が早すぎるあまり「全然願いごとができなかった(笑)」と残念がる一幕も。

◆令和は「人々に愛される画数」

姓名判断も得意なイヴルルドさんに「令和」について聞いてみると、「“13画”の人気運。人々に愛される画数」と声を大にします。だからこそ、アニメや漫画など日本が誇る文化を世界に向けて発信していくことで、「日本は、より強くなっていくのでは?」と推測。

一方、NOMAは「令和の“和”という漢字がすごく好き。調和の“和”と一緒のように、国境や人種を超えてどんどん調和して日本が元気になっていったらいいな」と思いを語りました。

そして、日常生活に占いを上手に取り入れていくには、「星や月を見て、自分を癒すといい」とイヴルルドさん。「空からのエネルギーは無限。月明かりを見て、“頑張りすぎているな”“早めに帰って休もうかな”と思うだけで開運アクションにつながっていく」と続けます。

NOMAの「星空を見ることによって、自然と自分が本来あるべきリズムに戻れるのかもしれない」との言葉に、イヴルルドさんは「難しいことを考えず、星や月の影響を生活に取り入れていただくといいと思う」と話していました。

現在、イヴルルド遙華さんによる星座占い本「人生が輝く 幸せの星座占い」(マイナビ出版)が好評発売中。12星座別に人生、ターニングポイント、恋愛、仕事、人間関係などを診断。星座に込められた意味、未来への道を前向きなメッセージが満載です。気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

5月11日(土)の放送は、東京・渋谷にあるプラネタリウム「コスモプラネタリウム渋谷」のカリスマ解説員・永田美絵さんが登場。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:東京プラネタリー☆カフェ
放送日時:毎週土曜20:30〜20:55
パーソナリティ:NOMA
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hoshi/

関連記事(外部サイト)