「びじゅチューン!」映像作家・井上涼、ルーツは父譲りの“石のおっぱい”!?

「びじゅチューン!」映像作家・井上涼、ルーツは父譲りの“石のおっぱい”!?

「びじゅチューン!」映像作家・井上涼、ルーツは父譲りの“石のおっぱい”!?

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。4月28日(日)の放送では、映像作家・アーティストの井上涼さんが登場しました。


井上涼さん、高須光聖



世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHKの番組「びじゅチューン!」。美術作品をテーマにしたオリジナルの曲が、ユニークなアニメーションとともにヘビロテされる番組です。井上さんは、その作詞・作曲・アニメ・歌すべてを手がけています。

今回は、井上さんの作品作り、そしてクリエイティブのルーツについて語ってもらいました。

+++

◆「モナ・リザ」がお局になるまで

高須:僕が井上さんを知ったのは「びじゅチューン!」なんですが、番組はどういう経緯で始まったんですか?

井上:NHKのプロデューサーさんが以前やっていた「テクネ 映像の教室」という番組で、アニメを1本作ったんです。そこに入れていた歌を、プロデューサーの小学生の姪っ子さんが聴いて、一度で覚えたらしくて。美術番組の裾野を広げるのに、私の歌を使えるかもしれないと。2013年に3本だけ今のような番組を作ったら反応も良く、レギュラー放送になりました。この春で6年目です。

高須:全部自分でされているんですよね。週1回、どうやって作っていくんですか。

井上:再放送も織り交ぜるので、ペースとしては3ヶ月に3本なんです。まず、どの美術作品を取り上げるかをプロデューサーと相談します。マニアックだと人を寄せ付けなくなるので、教科書に載るくらい有名なもの。日本のもの、海外のもの、立体、建築……まんべんなく選びます。

高須:作品が決まってから、歌詞を?

井上:その前に企画書を作ります。例えば「モナ・リザ」は、眉毛がなくて、本当に笑っているのかわからない表情をしている。それを会社員に置き換えると、“お局”的な人ではないか? みたいな。

■お局のモナ・リザさん『びじゅチューン!』


高須:自分の中でイメージして。

井上:そうです。「モナ・リザ」は“スフマート”という技法で描かれているので、単語をこそっと歌詞に忍ばせているんです。いつか知識にふれたとき、「(歌っていたのは)これか!」みたいな瞬間があればいいなと。そういう点を早めに打っておくことが大事なのかなと、番組をやってみて思いました。

◆“石のおっぱい”の遺伝子から、逃れられない!?

高須:兵庫県のご出身ですけど、大学は?

井上:金沢美術工芸大学です。「スーパーマリオ」を作った宮本(茂)さんのほか、細田守さん、東村アキコさんも卒業生です。

高須:すごい人たちですよね。美大に入ろうと思ったのは?

井上:父が、高校の美術教師をしながら彫刻を作っていたので。今も山で石をカンカン削ったりしています。

高須:へ〜! お父さんの作品で好きなのはあります?

井上:「笑顔車」という(高さ)2mほどの作品があって、半分くらいがオレンジ色に塗られた顔なんです。顔の下には、ちゃっちい車の模型みたいなものがついていて、けっこうな速さで顔が回るんですよ(笑)。ほかにも、下ネタっぽい彫刻とか。石のおっぱいが中華鍋の蓋になっていて、ゼンマイ仕掛けでごとごと揺れると、上から石で作られた手が降りてきて乳首をつまむ。「どうやって考えついた?」みたいな(笑)。父にはかなわないですね。

高須:お母さんも芸術を?

井上:ピアノの先生です。そういう意味では、芸術に親しむ素地はあったんだと思います。「おかげさまで」という感じ。中華鍋の遺伝子を受け継いでるかと思うと、ちょっと恥ずかしい(笑)。

高須:ほかに、子どものころ好きだったものはあります?

井上:アニメはやっぱり好きでした。女の子のキャラクターが回転して、髪の毛がパサーっとなったり、布が動いたりするのがめちゃくちゃ好きで。

高須:なんでそこを(笑)?

井上:絵が動くこと自体がとても魅惑的だったんですが、なかでも、髪の毛や布のような不安定なものが風にそよぐのが、とても魅力的に見えて。

高須:物が動く……お父さんの影響がありますね(笑)!

井上:やっぱりねー、逃げられないんだと思うんです! 「石が動いたらええんちゃうか?」みたいなのから(笑)。だから「びじゅチューン!」でも、美術作品は、動かないけど「もし動くならどう動くのか?」「髪の毛はどっち向きに流れるんだろう?」「絵のなかの人物は次の瞬間どっちに向くのかなぁ?」と考えるのが面白いですね。

+++

後編では、井上さんが好きだという人間観察の話から、ご自身のセクシュアル・マイノリティまで、さまざまなトークを繰り広げます。お楽しみに。

<番組情報>
タイトル:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00〜25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組HP:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/

関連記事(外部サイト)