アンタッチャブル柴田「動物を守るために自然を残して!」

アンタッチャブル柴田「動物を守るために自然を残して!」

アンタッチャブル柴田「動物を守るために自然を残して!」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、アンタッチャブルの柴田英嗣さんが登場。9月20日(水)から9月26日(火)までの動物愛護週間に寄せて、野生動物に詳しい柴田さんが、動物のためにできることについて語ってくれました。
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」9月21日(木)放送より)


アンタッチャブルの柴田英嗣さん(右)と、パーソナリティの坂本美雨



坂本「柴田さんは動物愛護週間をご存知でしたか」

柴田「知らなかったんですよ。この番組のお話を受けて、初めて知ったんです」

坂本「そうですか。日本では犬や猫などのペットに関することが多いかと思うんですけども、日本でももっとたくさんの動物について関心や知識を深めてもらいたいということで」

柴田「ワンちゃんや猫ちゃんっていうのは、人間の手によって数多く増やされ、そしてみんなの手元に届く。そこからの問題もまたあるんですけど、野生の動物は人間の手によってどんどん淘汰されていってるわけですよ。そっちにも目を向けていただきたい! う〜ん、真面目なことも言う〜みたいな。すみません(笑)」

坂本「いえいえ(笑)。柴田さんは本も出されていますけれども。『アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑』。“1”と“2”が出ています」

柴田「そうなんですよ。まあ、動物図鑑なんですけどね。動物に関する僕の感想のほうが多いっていうね(笑)。そういう図鑑になってますので、非常に読みやすいんじゃないかなとは思います」

(中略)

坂本「動物愛護週間ということで、柴田さんは、日本の動物をもっと愛していく、大切にしていくために、どんなことができると思いますか」

柴田「自然じゃないですか。温暖化もそうですし、単純に森がなくなると動物たちの生息域が狭まくなる。それで動物たちが人里に下りてくると、昔はそんなふうに言われなかったのに害獣と言われるようになって、人間が駆除してしまう。(中略)動物たちのせいみたいになってるけど、そのきっかけを作ったのは人間たちのせいでもあるでしょっていうところもあるから。動物を可愛がるということより、自然を残すということが、何よりも動物が生きていくうえでは一番大事なことかなと思います」


アンタッチャブル・柴田英嗣さんの最新情報は、アンタッチャブルのオフィシャルページhttp://www.p-jinriki.com/talent/untouchable/をご覧ください。

9月25日(月)のゲストは、名古屋大学大学院教授の佐藤理史さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年9月29(金)日 AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

〈番組概要〉
番組名:「坂本美雨のディアフレンズ」
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/dear/

関連記事(外部サイト)