中村雅俊、53枚目のシングルは「未来に向けて背中を押すような歌」

中村雅俊、53枚目のシングルは「未来に向けて背中を押すような歌」

中村雅俊、53枚目のシングルは「未来に向けて背中を押すような歌」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、中村雅俊さんが登場。9月14日に発売された53枚目となるシングル「ならば風と行け」の詞に込められたメッセージと、俳優と歌手の両方で活動する理由について語ってくれました
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」9月27日放送より)


中村雅俊さん(右)と、パーソナリティの坂本美雨



坂本「本日のゲスト、約2年ぶりのご登場です。中村雅俊さんです」

中村「よろしくお願いします。どうも」

坂本「よろしくお願いします。前回は2014年6月頃でした」

中村「あ、じゃあということは2年ぶりぐらいで」

坂本「前回はちょうど40周年のときに来て下さいました」

中村「あ、そうでした。40周年ってことで」

坂本「そのときは15年ぶりのアルバムで」

中村「そうですよね。久しぶりにアルバム出したんですけど」

坂本「去年は7年ぶりのシングルも出ましたね」

中村「そうですね」

坂本「でもリリースとしては数年ぶりですけど、ライブは毎年されているんですよね」

中村「そうですね。ライブは毎年。実に42年間、休まずにやってるんですよ、俺」

坂本「今までで1500本ぐらいとお聞きしたんですが」

中村「そうですね。正確には今年のツアーが終わると、1495回ですね」

坂本「うわー、すごい!」

中村「けっこうね、言われてみると。わからず、ずっとやってたんだけど、人にすごい数字だよって言われて」

坂本「なぜそんなにライブにこだわられて続けているんでしょう?」

中村「まあ、役者なんですけど、すごく歌うことが大好きで、特にステージでのパフォーマンスや、あの空間、あの時間がなんとも言えない時間なので。非常にプレッシャーもあるんですけど、終わった後の充実感とか解放感とか。ご存知でしょうけど、ライブをやるまでの積み重ねてきた積み木みたいなのが、あのステージで花開くときってのは快感がありますよね」

坂本「演じるときとは全く違うモードなんでしょうね」

中村「多分、エモーションというか、心の中にあるやつを表現する意味では、人のことを好きだって言う気持ちは、芝居しても歌に託するのでも同じなんでしょうけど、表現方法が違うということと、やっぱり歌っていうのは歌っていて感情が表わしやすいですよね、自分は。芝居ってすごく悩むんですよ。数学みたいにはっきりした答えがないんですよ。1+1=2みたいにはいかなくて。じゃあ悲しいときどうすんのっていったら、人によっては涙を流すけど逆に笑っちゃう人もいるかもしれないし、表現としては答えがないというのがやっぱり芝居で。その人が演じて、やっぱりそれで説得力があれば、成立するみたいなところがあるんですけど」

坂本「じゃあ、両方ないとバランスが取れないですね」

中村「まあ、でも単純に歌を歌っているときは楽しい時間ではありますよね」

坂本「今年もそんなツアーが10月からスタートします。もう、すぐ10月なんですね」

中村「そうですね、1日から始まります」

坂本「その前に9月14日、53枚目となるシングルが発売されています。『ならば風と行け』。すごく力強いタイトルですね」

中村「そうなんです。けっこう上から目線で(笑)。けっこう、叱るごとく歌っているんですよ。なんか若い人は叱られたいっていう願望もあるらしくて。作詞の松井五郎さんがそういう表現っていいんじゃないですかって言って」

坂本「歌詞も強い言葉がたくさん出てきて」

中村「そうですね。わりとどの世代でも、自分の過去を振り返ったときの自分と今からどう未来に向けて生きていくかって考えたときに、いろんなことを思考すると思うんですけど、そういう背中を押すような歌になればいいなというのが最初に考えたときのコンセプトなので」

(中略)

坂本「今の時代というか、このご時世に必要な言葉だなというふうに感じました」

中村「ちょっと強引なところもあるんですけど、言ってることは間違いないっていう、そういう気持ちで歌ってますので。すごく歌ってても気持ちよく、いい意味で人はこうじゃないかと、そういう言い方ができる歌なので小気味いいです」

中村雅俊さんの53枚目のシングル「ならば風と行け」は、現在発売中です。中村雅俊さんの最新情報は、公式サイトhttp://tomonokai.mj-e.com/をご覧ください。

9月28日のゲストは、TK from 凛として時雨です。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。


【あわせて読みたい】
★文化の違いにアゼン!? 「私はコレにドン引きました」ダンナは外国人編(2016/9/25)
★デビュー20周年イヤー突入のKinKi Kids、2人の出会いと今の気持ちを語る(2016/9/22)
★秦 基博も参加! クミコ×松本隆「クミコ with 風街レビュー」第1弾は“恋歌”(2016/9/21)

〈番組概要〉
番組名:「坂本美雨のディアフレンズ」
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/dear/

関連記事(外部サイト)