スマホのバッテリー寿命を縮める“NG充電”は? iPhone芸人が解説!

スマホのバッテリー寿命を縮める“NG充電”は? iPhone芸人が解説!

スマホのバッテリー寿命を縮める“NG充電”は? iPhone芸人が解説!

TOKYO FMの生放送番組「鈴木おさむと小森隼の相談フライデー」。放送作家の鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が“相談員”となり、リスナーの人生相談にコンサルしていきます。6月14日(金)の放送は、ゲストに“iPhone芸人”かじがや卓哉さんが登場。リスナーの“スマホの悩み”に応えました。

鈴木おさむ、かじがや卓哉さん、小森隼



★バッテリーの持ちが悪い……どうすればいい?

<リスナーからの相談>
携帯のバッテリーの持ちがめちゃくちゃ悪いです。午前中で危ういこともあります。常にモバイルバッテリーを3個持っていて、なんとかしのいでいます。解決策は、やはり新機種に変更するしかないのでしょうか? それ以外で何かオススメの方法があれば教えてください(ラジオネーム:ヒロさん30歳 男性)

おさむ:スマホの悩みと言えばバッテリーですよね。バッテリーの持ちの悪さは、今後も変わらないのでしょうか?

かじがやさん:以前から、バッテリーの持ちの悪さは問題になっていますが、バッテリーそのものを大きくしないと、持たないんです。早く処理をしようとすると、消費電力も上がってしまうので、技術が進歩するにつれて消費電力も増えるのです。大きなバッテリーの開発、または、別の仕組みができない限り、バッテリー問題はまだまだ続くと思います。

おさむ:バッテリーの持ちが悪くなってしまったら、携帯を変えるしか方法はないですか?

かじがやさん:バッテリーを交換できます。iPhoneの場合は、Apple StoreもしくはApple正規サービスプロバイダのお店に行くと交換してくれます。費用は7,000〜8,000円ほどです。

おさむ:Androidはどうですか?

かじがやさん:機種によります。バッテリーが消耗している場合は、交換したほうがいいですね。

おさむ:期間はどれくらいですか?

かじがやさん:約2年です。そもそも、バッテリーの使い方がかなり重要になります。バッテリーを使い切ってしまうのはよくないので、減ったらすぐに充電をする“継ぎ足し充電”のほうが長持ちします。

スマホには、リチウムイオンバッテリーが使われているのですが、バッテリーを使い切った状態ですと、中のイオンが溶け出してダメージを受けてしまうんです。

ですので、使い切らずに充電をすると、新鮮な状態で使えるんですね。使い切ってしまったら、すぐに充電する。それぐらい、使い切った状態は良くないんです。

★“格安充電器”でフル充電をすると……

鈴木:次は、充電器について教えてください。
iPhoneを買ったときにセットで付いている純正の充電器と、コンビニなどで売っている充電器の違いはありますでしょうか?

かじがや:iPhoneの充電器には、Apple純正の物と「MFI」というマークが付いてる製品があります。これは「Made For iPhone(/iPad/iPod)」という意味で、Appleが“この商品はiPhoneのために作られたものです”という認証マークを付けている製品になります。

このマークが付いている製品は、100%まで充電したあと、不要な電気を逃がしてくれるのです。一方、公認されていない製品は、フル充電後も電気を流し続けます。これが“過充電”と呼ばれるもので、バッテリーのダメージの原因になります。

ですので、メーカー不明の格安充電器で過充電をすると、バッテリーがどんどんダメージ受けてしまう可能性あります。

おさむ:なるほど。僕はAndroidを使っているのですが、充電器によっては、100%になると充電マークが消えるものと、100%になっても充電中のマークが点いていることもあります。それが過充電だったんですね。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年6月22日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
放送日時:毎週金曜12:00〜13:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/soudan/

関連記事(外部サイト)