ビッケブランカ「いい意味で“雑”」フランス滞在で感じた魅力とは?

ビッケブランカ「いい意味で“雑”」フランス滞在で感じた魅力とは?

ビッケブランカ「いい意味で“雑”」フランス滞在で感じた魅力とは?

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。6月27日(木)の放送は、シンガーソングライターのビッケブランカさんが登場。フランスに滞在したときの思い出について話してくれました。

坂本美雨、ビッケブランカさん



坂本:暮らしてみたい場所は?

ビッケブランカ:海外生活は憧れますね。まだ一度も経験したことがないので。海外に住まれていたんでしたっけ?

坂本:ニューヨークに。

ビッケブランカ:うらやましいです。本当に。歌でフランス語をフィーチャーしたり、もともとフランスの芸術やミュージシャンなどが好きなので、パリに住んでみたい。絶対、一度は海外に住んでみたいなと思いますね。

坂本:(以前フランスに)滞在したときは、長めにいられたんですか?

ビッケブランカ:2週間ぐらいはいましたね。

坂本:2週間ぐらいだと、ちょっと(現地の)日常が垣間見えませんか?

ビッケブランカ:ギリギリ見えました。東京で知り合って、帰国したフランス人のポールっていう友達がいて、ずっとポールと一緒にウロウロしたんですけど。

「ベルサイユ宮殿に行きたいか?」とか「ルーブル美術館に行くか?」とか聞かれたけれど、そんなんじゃなくて。“パリの20代の若者がしていることと、全く同じ生活を僕にさせてくれ”ってお願いして。
食べものも「みんなが食べているものを、僕も食べたい。経験したいんだ」って言ったら、「俺たちはケバブみたいなのを食っているけど、いいの?」みたいな。全然フランスらしくないけど「いいんだよ」って言って、みんなでケバブを食べたり。すごく楽しかったですね。

坂本:(フランスは)肌に合いましたか?

ビッケブランカ:合いますね! フランクだし、いい意味で“雑”。キチキチしてなくて、いい感じに常に“ゆるい”。ナチュラルな感じで時間が過ぎていくので、いいなって思いましたね。

坂本:生々しいというか“人々の生活が人間らしい”な、と?

ビッケブランカ:“生々しい”が素晴らしい表現ですね。まさに言い得て妙。生々しい人々がいるんですよ。正直、昔のブルジョワみたいな“大きいお帽子を被ってお紅茶を……”みたいな感じは、今の若者にはないので。けっこうトガっているし。いい街だった。

ビッケブランカさんのシングル「Ca Va?」は現在発売中です。詳しい情報は公式Webサイトをご覧ください。

7月1日(月)のゲストは藤山直美さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年7月5日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

関連記事(外部サイト)