世界が注目!「ジョン・デリアン」ボタニカルプレートの魅力とは?

世界が注目!「ジョン・デリアン」ボタニカルプレートの魅力とは?

世界が注目!「ジョン・デリアン」ボタニカルプレートの魅力とは?

「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」。

7月12日(金)の放送では、ニューヨークで人気を集める、ジョン・デリアンのボタニカルプレートを紹介しました。「デコパージュ」と呼ばれるイタリアの古いガラス細工技法を用いて、花や植物、果実などが生き生きと色彩豊かに描かれています。



ジョン・デリアン・コレクションとは
ジョン・デリアンは、ニューヨークを代表するデザイナー。古い図鑑や本の挿絵の図柄を切り取り、ガラスに張り付けるという、イタリアのガラス細工技法「デコパージュ」を用いて、数々の作品を生み出してきました。ニューヨーク、マンハッタンのイーストビレッジにあるオリジナルショップ「JOHN DERIAN COMPANY」には、コレクションの数々が所狭しと並べられています。

図柄を丁寧に1点ずつガラスに貼り付けて、ハンドメイドで作成された飾り皿やペーパーウェイト。年に2回発表される新作のコレクションには世界中から注目が集まっています。


JOHN DERIAN COMPANY(ニューヨーク)の店内



時を超えて蘇るボタニカルイメージ
ジョン・デリアン・コレクションのなかで、特に人気を集めているのが、花や植物柄をデザインしたガラスプレートです。その原点は1983年。マサチューセッツ州のフリーマーケットで、ジョン・デリアンがアンティークの箱と出会ったことから始まりました。

偶然彼が見つけた古びた箱の中には、古い書籍と花の挿絵が印刷された2枚の紙が入っていました。その紙を見た途端、彼は深い感銘を覚えたそうです。「この花の挿絵は、時を経てもなぜ、こんなに色鮮やかで人を魅了するのだろう?」。かつて古人が、自然から得た感動から描いた図柄や絵が、時を経てジョン・デリアンに新たな創作の意欲をもたらしたのです。


ジョン・デリアンのボタニカルなガラスプレート



古い本の挿絵から生まれたガラスプレートの花や植物は、時を超えて手にした人に語りかけてきます。ジョン・デリアンがフリーマーケットで最初に感じた感動が、そのまま伝わってくるかのようです。その人気はニューヨークにとどまることなく、世界中で愛されています。

壁や棚に飾ると、まるで美術品のようにインテリアをランクアップ。アクセサリーなどの小物入れに使っても、気分があがります。商品の一部は表参道のショップや同社の通販サイトで購入可能。まずは1枚、手にしてみてはいかがでしょうか。


H.P.DECO (表参道店)のディスプレイ



TOKYO FM「ONE MORNING」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエア。次回7月19日(金)の放送では、フルーツの手作り果実酢レシピを紹介します。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。7月13日は、女優の西田尚美さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聴き逃しなく。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年7月20日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。

<番組概要>
番組名:NOEVIR BOTANICAL LIFE
放送日時 :毎週金曜8:38〜8:43
出演:鈴村健一、ハードキャッスルエリザベス
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

関連記事(外部サイト)