ゲッターズ飯田「占いの“良い結果”は当てに行く努力が必要」

ゲッターズ飯田「占いの“良い結果”は当てに行く努力が必要」

ゲッターズ飯田「占いの“良い結果”は当てに行く努力が必要」

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。


ゲッターズ飯田



[今週のしあわせ言葉]
占いで、「3年後はいいですよ」と言われて、何もしない人は結局何も変わらない

いろんな人を占っていて「3年後はいいですよ」と、未来を見据えて言うこともあります。
そこで、3年後を見据えて準備をする人もいれば、3年後が良いなら大丈夫かと特に何もしない人。
何もしない人は、やっぱり何も変わらないですよね。

以前、とある業界の方に「3年後に本を出すと売れます」と言ったことがあります。
その後、再会したときに「本は売れなかった」と言われました。「ちなみにどんな本を書いたんですか?」
と聞くと、「いえ、書いていないんですが……」と。
本を書いたら売れるかもと伝え、書いていない。そりゃあそうですよね。書いていないのだから。そもそもの占いの意味が解っていないようでした。

「3年後にこんな良いことがあるよ」という結果が出たら、当てに行かないと。黙っていても良い結果になると思ったら、それは違います。書いていない本が売れることはありません。書いていないんだから。
3年後のために人脈を広げようとか、そういうきっかけのための占いなのですから。
「3年後に結婚できますよ」と出たら、3年後突然フワっと結婚できるわけではない。その時期に向けて、出会いを作る必要があります。

そういうことは、自分で考えていかないと、占いの意味がない。良い結果も棒に振る。
占いの結果を、どう自分のために当てにいくか。
そう考えて占いと付き合っていかないと、意味がないと思います。

◆紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。

<ゲッターズ飯田 プロフィール>
これまで約5万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。これまで占ってきた実績から「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどに数多く登場する。自分の占いで「顔は出さないほうがいい」からマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は100万人を超え、いま日本で最も有名な占い師。著書には「ゲッターズ飯田の運命の変え方」「ゲッターズ飯田の運命を変える言葉」(ポプラ社)、「ゲッターズ飯田の運の鍛え方」(朝日新聞出版)、「開運レッスン」(セブン&アイ出版)などがある。


関連記事(外部サイト)