有吉 ツーショットダイヤルの思い出話に「今、思い出すと甘酸っぱいよ」

有吉 ツーショットダイヤルの思い出話に「今、思い出すと甘酸っぱいよ」

有吉 ツーショットダイヤルの思い出話に「今、思い出すと甘酸っぱいよ」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。7月14日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司と新宿カウボーイの石沢勤を迎えてお送りしました。


新宿カウボーイ石沢、有吉、タイムマシーン3号山本



大手コンビニエンスストア「セブン‐イレブン」が7月11日(木)、47都道府県のなかで唯一店舗がなかった沖縄県に出店したニュースを取り上げたことをきっかけに、「近所にはどのコンビニが多いの?」と2人に問いかける有吉。

山本、石沢ともに「セブン‐イレブン」が近く一番利用しているそう。これに有吉は「人間って堕落しているというか、グータラでさ。不思議なもので一番近いところにしか行かないんだよな〜」と話しつつ「2020年から、コンビニにエロ本を置かなくなるらしいね」と話題を広げます。

「今“エロ本買いに行〜こうっと♪”ってならないよな。どこかに営業に行っても、マネージャーに『ちょっと弁当とエロ本買ってきて』って言わないもんな〜」と続け、時代の変化に寂しさを感じている様子。

石沢が「そんな時代があったんすか?」と問うと、有吉は「昔はあったもんよ(笑)。エロ本買うとさ、ダイヤルQ2や風俗出張とかツーショットダイヤルの番号が載っているから、営業終わりのちょっと寂しい夜に暇つぶしするのに“ちょうどいいや”なんて、エロ本を買ってきたもんよ」と誇らしげに語ります。

「高校生のころなんて、ダイヤルQ2の意味もわからずに『0990……』て色っぽいお姉さんの声を聞くためだけに、めちゃめちゃ電話代払っておふくろに怒られて……」と淡い思い出を打ち明ける有吉。みんなで小銭を持ち寄って公衆電話からツーショットダイヤルにかけて、女性との会話を楽しんだりしていたとか。

さらに、「Mの女性専科なんかにかけて『もしもし?』なんてさ。『(女性の声を真似て)はい』『どこから電話してんだ?』『家です……』」と会話を楽しそうに実演し「昔は興奮したな〜。今、思い出すと甘酸っぱいよ」と当時を懐かしむ一幕も。

ちなみに、山本によると、相方の関太は同級生のなかでもテレクラ通いが早かったそうで、「先頭に立って『行くぞ!』ってみんなを引き連れていましたよ。あのときはアイツのこと“カッコイイ!”と思いました」と意外な一面を明かしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00〜21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国22局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ JFN PARKでは、スペシャル音声も配信中!

関連記事(外部サイト)