専門家がズバリ解説! 飲料メーカー「アイスコーヒー」イチオシは…!?

専門家がズバリ解説! 飲料メーカー「アイスコーヒー」イチオシは…!?

専門家がズバリ解説! 飲料メーカー「アイスコーヒー」イチオシは…!?

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。7月20日(土)放送のテーマは「アイスコーヒー」。今回は「お店で売っているアイスコーヒー」について、飲料専門家の江沢貴弘さんに教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2019年7月20日(土)放送より)

※写真はイメージです。



── おすすめのアイスコーヒーはありますか?

蒸し暑いこの季節、清涼感のあるアイスコーヒーがアサヒ飲料の「ワンダ CONIC」です。これはエスプレッソ・トニックと呼ばれる飲み物で、エスプレッソをトニックウォーターで割っています。エスプレッソの苦味と酸味、トニックウォーターのほんのりとした甘味と発泡で、とても清涼感があります。

過去にも、コーヒーにソーダ水を足した製品はいくつか出ていますが、最近は専門のコーヒースタンドでエスプレッソ・トニックを飲む方も増えています。「ワンダ CONIC」はその延長線上にある商品と言えるでしょう。

── アイスコーヒー業界的には、何が売れ筋なんですか?

ペットボトルのコーヒーが売れています。ミネラルウォーターやお茶を買うのと同じ感覚で選ぶ方が増えているんです。ペットボトルはキャップがあるので、時間を掛けて少しずつ飲むことができます。規則的に休みを取れない仕事だと、ペットボトルでどこでも好きなときに水分を補給できるのが良いですね。

ペットボトルのコーヒーは、苦さや濃度が抑えられたスッキリとした製品が多くなっています。最初の製品は2017年に発売されたサントリーの「クラフトボス ブラック」でした。これは500mlのペットボトルで、水やお茶のようにカバンのなかに入れておいて、移動した先でアイスコーヒーを飲むというスタイルを定着させた製品です。

── 実際に各社の製品はどんな味ですか?

最初に出たサントリーの「クラフトボス ブラック」は、とてもクリーンでさらさらの舌触り。バランスの良い甘味と苦味があります。よく味わうとほんのりと苦味があるのは、日本茶のかすかな苦味に似ています。それが口のなかをさっぱりスッキリさせるんです。

コカ・コーラの「ジョージア ジャパン クラフトマン」は、ローストしたことによるキャラメルのような甘い香りに、コクがありながらバランスの取れた酸味と甘味で、スッキリした味わいのコーヒーです。水出しコーヒーが入っているので、コーヒーの油脂が入らず、カフェイン量も少なめ。透明感のあるスッキリしたコクを楽しめます。

キリンビバレッジの「ファイア ワンデイ ブラック」は、“常温でもおいしい”がコンセプト。力強い香りが特徴で、マイルドなコクは後味にまったく残りません。酸味と苦味の変化がないという特性は、カバンに入れておいて常温になってもおいしいコーヒーを目指したのでしょう。

アサヒ飲料の「ワンダフルワンダ」は、振って泡立てて飲む変わり種。クリーミーな泡によって口当たりが滑らかになり、酸味がマイルドになります。初めて飲む方は、まず振らずに飲んでみて、振ってからのギャップを楽しむのも良いかもしれません。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00〜17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage

関連記事(外部サイト)