“サンキューハザード“是非にコメント殺到! あなたの周りにも!?“迷惑ドライバーあるある”

“サンキューハザード“是非にコメント殺到! あなたの周りにも!?“迷惑ドライバーあるある”

“サンキューハザード“是非にコメント殺到! あなたの周りにも!?“迷惑ドライバーあるある”

7月17日(水)放送のTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」で取り上げたTFM+コラム『あおり運転、サンキューハザード……。あなたの周りにも!? “迷惑ドライバーあるある”』。後にYahoo! で配信したところ、コメント欄には多くの意見が寄せられました。今回は、そのコメント欄からピックアップした興味深い意見と番組に寄せられたリスナーのご意見を、パーソナリティをつとめるたかみなのコメントとともに紹介します。


写真はイメージです



まずは、番組に寄せられたリスナーさんのご意見を紹介します。

「私は警備員をしているんですが、信号のない横断歩道で歩行者を渡らせるために車を止めようとしたときに、止められるのが嫌なのか、逆にスピードを上げたり、クラクションを鳴らしながら突っ込んでくるドライバーがいます。

そんな車は無理に止めないようにしていますが、本来は歩行者優先なのに本当に怖いです。歩行者を止めていても、周りを見ずに飛び出して行く人もいるから、ヒヤリとすることも多いです」

これには、たかみなも「いや、これは運転されている方も歩道を横断する方も、どちらも気をつけなきゃいけないですね」とコメント。警備員の方は、歩行者とドライバー両方の安全確保に気を使われているので大変ですよね。これから猛暑になりそうですので、体調には気をつけてお仕事して下さい!

また、リスナーさんからのこのようなご意見もありました。

「僕が実際に迷惑を受けたわけではないですが、宅急便を出しに行ったときに、車椅子用の思いやりゾーンを避けて駐車したら、次に入ってきた車が思いやりゾーンに停めて、中から健康なオジサンが出てきたときは、ムッとしました。高級車だったけど、全然かっこよくない! あれはダメです」

たかみなは「いや、本当そう。ルールはちゃんとみんなで守りましょう! でも私は免許を持っていないので、車を運転される方ってたくさんストレスがあるんだなって思いましたね」と再認識した様子。

助手席にいても、溜まるストレスはありますけどね(笑)。にしても、思いやりゾーンに思いやりのない人の高級車。寒すぎる光景です。

次に、Yahoo! のコメント欄に寄せられたご意見を紹介します。最も多く意見が寄せられたのは“サンキューハザード案件”でした。

「サンキューハザードはあっても良い感じがする。少し強引に入られて少し頭にきても、その車が低頭な心理があるんだな〜ってわかれば、心も少し和みます。直前ウインカー、他県ナンバーへの軽いあおり、細い道で速度を守らない運転は危ないと感じます」

「免許を取るときに、路上教習中にサンキューハザードに遭遇して、教官に“あれは何ですか?”と聞いたことを思い出した。お礼の意味と聞いて、気持ちがほっこりしましたよ。良い習慣だと思うのであっていいと思う。私は2回点滅させますが、皆さんは何回点滅させますか?」

というわけで、ほとんどの人がサンキューハザードは“アリ”と考えているようでした。一方、使い方については、以下のような意見も。

「渋滞中、追突防止のために車間を開け気味でノロノロ走ってると、右車線から無理やりねじ込んできてサンキューハザードするヤツがいる。サンキューハザード自体に問題はないと思うが、それさえすれば何をしてもいいと思ってる輩は相当数いると思う。迷惑極まりない」

なるほど。謝りながら図々しい、みたいな感じですかね。

「いつの頃からか、俺の中では“感謝のハザード”を通り越して“出さないと駄々をこねるめんどくさい奴にしゃぶらせる飴玉ハザード”という認識になってきている。ある意味で、一周回って本来の緊急回避用途に戻ってきたとも言える(苦笑)」

あはははははは。対人トラブル未然回避の飴玉=サンキューハザードだと。確かにサンキューハザード出さなかったばっかりに煽られるなら、飴ちゃん投げとくか、って感じですよね。

「サンキューハザードは気にならないが“サンキュークラクション”をやめてくれ。悪意はないのだろうが、住宅街とか早朝にやられると迷惑にしかならない」

おっしゃる通り……。目的は感謝でも結果は騒音という……。また、ウインカーを出すタイミングについても、多くのご意見が寄せられました。

「ギリギリまでウィンカー出さないのは、球切れを防ぐためらしい。セコイ奴は自転車に乗って欲しい」

「右折レーンのウインカー遅い問題、激しく同意。ウインカー出すと損でもするのか?
ランプの球切れが嫌なのか? 命よりそんな手間のほうが惜しいようだ」

果たして、ギリギリまでウインカーを出さないことで、どの程度、電球のもちがよくなるって言うんですかね? それで事故ったら、無意味すぎる節約だと思うんですが。

「夕暮れ時になっても無灯火で、路地や路面の駐車場から出てくるクルマも、相当に迷惑です。皆さんがウインカーの件で仰っているのと同様、ライトも、自分が見える見えないではなく“自分がそこを走っていますっ!” と周りに知らせるモノです。

もちろん、周りを見やすくする一面もあります。特に黒系のクルマは、夕暮れ時は直近まで認識出来ないコトも多く、突然、目の前に現れたように見えて、非常に驚きます。今時の自転車の様に、全ての車種、グレードにオートライト搭載を望みます」

黒系の車が突如出現! ありますね〜。無灯火は本当に危険なのでやめて頂きたい!

「煽り運転、車間詰めは確かに危ないし、絶対にやってはいけないこと。直前ウインカーもそうです。あと、個人的には、大音量で音楽聴いている車。周りに聴かせたいのか何なのかわかりません」

かなりの確率で同乗者がいますよね。大音量車って。時々、空の助手席で大音量やってる人もいますけど。

「朝時の両車線ノロノロ状態の時、右折待ち車にパッシングなどで合図して譲る事があります。でも、どうせすぐ曲がれないからと思っているのか、ここぞとばかりにスマホや漫画を読んでる「商業ドライバー」が結構いる。前を見てろ! と怒鳴りたい」

スマホいじりドライバー! これは危険中の危険運転と言えるのではないでしょうか。残念ながら、ある程度の確率で見かけますけどね。

「1番よく見る迷惑なのは、右折するのにセンターラインに寄らないやつですね。ひどい奴は、車線の1番左側によってから右折……。それと、右折待ちで車線をふさぐ形で斜めに止まって待ってるやつもいるし。きっちり車線に沿ってまっすぐ右に寄ってくれたら、後続車もかわして行けるのに寄らないから、後続車が右折待ちで詰まる」

右折時のマナー違反も多数ご意見が寄せられました。運転にも癖があって、自分では慣れたやり方なのかも知れませんが、それが他人への危険になっているってことがあります。

今一度、自分の運転の仕方を見直して、周囲への目配りをしてもらいたいものです。事故が起こってからでは遅いですからね!

文/ガンガーラ田津美

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm 

関連記事(外部サイト)