「それ頭いい!」ももクロからGLIM SPANKY松尾が学んだ“エゴサーチ術”とは!?

「それ頭いい!」ももクロからGLIM SPANKY松尾が学んだ“エゴサーチ術”とは!?

「それ頭いい!」ももクロからGLIM SPANKY松尾が学んだ“エゴサーチ術”とは!?



(左から)ももいろクローバーZの“あーりん”こと佐々木彩夏、GLIM SPANKYの松尾レミさん、亀本寛貴さん、“かなこ”こと百田夏菜子、番組ナビゲーターの清野茂樹



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

8月11日(日・祝)の放送では、GLIM SPANKYのお2人に「フェスで観て衝撃を受けたアーティスト」を紹介していただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2019年8月11日(日・祝)放送より)

◆GLIM SPANKYが、フェスで観て衝撃を受けたアーティスト

1組目は、「The Lemon Twigs」。

松尾:このミュージシャンは、兄弟でやっているんですよ。アメリカの2人組で、めちゃめちゃ若いんですよね。

亀本:当時、10代とかだよね。

松尾:「Fuji Rock Festival」にレッドマーキーっていう、インディーロックなステージがあるんですけど、そこの屋内のステージで昼間に観たんです。ワクワクしながら行ったら、やっぱり最高でした。若い人にしかできないロックの爆発、ソウルが爆発している感じで。演奏も歌も上手くて、こういう人たちが世界で人気になっていくんだなぁって思ったライブでした!

清野:実際、その後は人気になっていったんですか?

松尾:ニューヨークに遊びに行ったときに、The Lemon Twigsのレコードが欲しいなと思ってニューヨークのレコードショップに行って買ったんです。そのときはあまり宣伝されている感じじゃないのかなって思って帰ったら、ハイウェイのところにデカイ看板があって。向こうではめちゃめちゃ推されているミュージシャンだと思います。

かなこ:逆に、日本のフェスで観たほうが近くで観られたりするんですかね?



松尾:それもあるかもしれないですね。

かなこ:フェスってそういうパターンもあるよね!

清野:その瞬間に観られたというのは良かったですね!

松尾:そうですね。とても響きました!



2組目は、日本のアーティストで「Boom Boom Satellites」。

亀本:初めて出演した「Fuji Rock Festival」の1日目に出演していたミュージシャンで、僕らは2日目の出演だったんですけど、夜に前乗りして行って、せっかくだから観に行こうって言ってブラブラしていたときに、たまたま観たんです。

名前は知っていたんですけど、観たことはなかったので“なんだこのカッコいい人たちは!”って思いましたね。めちゃめちゃカッコよくて、日本のアーティストだったんだと衝撃を受けました。この後、共演とかもさせていただく機会もあったんですけど、ボーカルの方が亡くなっちゃって今は活動してないんですが、歌がなくてひたすら繰り返しみたいなダンスミュージックとか、テクノとかでも大きいステージで通用しているアーティストで。

エレクトロとかダンスミュージックなんですけど、一番大きなステージのトリを2時間務めたりしていて、大多数の日本人がそれを平気で観ているんです。この空間なんだろう、って毎年思うんですけど、Boom Boom Satellitesもそういうバンドの1つかなと思います。

かなこ:カッコいい楽曲ですね!

あーりん:めっちゃカッコよかった!



かなこ:歌詞が難しくないじゃないですか。ほぼ「Kick It Out」って言っているだけで。

亀本:そうなんです。ほぼそれしかない(笑)。

かなこ:それなのにカッコよくて、あっという間に時間が過ぎていきますね。

亀本:もう観られないっていうのが残念ですね。

清野:フェスを楽しむ上で、あらかじめ目星を付けておいて観に行くという話もありましたけれど、たまたま観たバンドも印象に残ることがありますよね。

亀本:残りますね〜! 自分たちが出るときもそう思ってもらえるように、僕らを楽しみに観に来てくれた人たちが前のほうで観てくれるのも当然嬉しいじゃないですか。だけど、ただ後ろを歩いていた人たちが、あとでTwitterとかに「GLIM SPANKY良かった!」とか書いてくれたりすると、すごいテンション上がるよね!



松尾:うんうん!

あーりん:やっぱり、フェスの後はエゴサ(エゴサーチ)しちゃいますよね!

亀本:僕はめちゃくちゃします! 松尾さんはできないんだよね。

松尾:そうそう。例えば、嫌なこととか書かれていたらブチ切れちゃうから……(笑)。

かなこ:ブチ切れちゃうんだ(笑)。



亀本:ネガティブな感想を持つ人だってゼロではないからね。

松尾:いるいる。でも、別にいるのは当たり前だから、自分から見ないようにしてる。

かなこ:それも1つの方法ですよね。

あーりん:「GLIM SPANKY 良かった」とかで検索したらいいんですよ!



かなこ:それ、うちの高城れにの手法で。「れにちゃん 可愛い」でエゴサするんですよ。そうすると、良いものしか出てこないんです(笑)。

松尾:なるほど! それ頭いいですね!






----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年8月19日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)