Mr.Children桜井がスカパラに求めた“音”とは…?“30周年記念コラボ”新曲の裏側

Mr.Children桜井がスカパラに求めた“音”とは…?“30周年記念コラボ”新曲の裏側

Mr.Children桜井がスカパラに求めた“音”とは…?“30周年記念コラボ”新曲の裏側

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。8月20日(火)の放送は、東京スカパラダイスオーケストラから谷中敦さん、茂木欣一さんが登場。新曲でコラボレーションした、Mr.Childrenの桜井和寿さんについて語ってくれました。


左から谷中敦さん、茂木欣一さん、坂本美雨



坂本:そもそも、ミスチル桜井さんとのご縁というのは?

茂木:去年のミスチル主催のap bank fesで、桜井くんがスカパラの「美しく燃える森」を歌ってくれて。

それもすごくよかったんだけれども、そのときに“来年でスカパラが30周年”みたいな話のなかで、桜井くんが「何か僕にできることがあれば」的な話をチラッとしてくれたことが大きくて。そこを絶対逃さないのが僕らっていうか。

坂本:そうですよね、その一言は逃せないですよね(笑)。今回は新曲を出されるにあたって、どんなコンセプトにしようと話し合われたんですか?

谷中:どんな曲にしようかってところから考えて、いろんな種類の曲を出してってね。スカパラのメンバーはみんな作曲するんで、いろんな曲を出していって、バンド内コンペみたいなことをするんですけど。

採用されなかった曲のなかにも、ムチャクチャいい曲もあって。ミスチルっぽい曲もあったし、“こういうのだったら、桜井くんが歌ってくれても合うね”って曲もいっぱいあったんだけど、そのなかでも“隠せないくらいの1番スカパラらしさのある曲を選ぼう”ってことで、今回のトランペットのNARGOが書いた曲になったんだけど。聴いてみてもらったらわかるんだけど、すごく管楽器奏者が作りそうなメロディで。

起伏もあるし、ややこしいメロディで、歌うのにはけっこう難しいかな? ってメロディだったんですけど。桜井くんも難しいって言いながらも、しっかり歌い上げてくれましたね。

坂本:でも、言葉数の多さとか、桜井さんらしさも不思議とある曲ですよね。桜井さんも言葉数の多い人じゃないですか。だから絶妙な2人らしさがあるなと思いましたけど、歌詞を乗せるのはどうでしたか?

谷中:簡単に言うと、桜井くんが“明るく、強く、かっこよく”みたいなことを、スカパラのなかで出来たらいいなって(言っていたんです)。

説明するのは難しいけれど、桜井くんの持っている、実はわりと暗い部分や、自分の内面をさらけ出すかっこよさみたいな。そうした“ダーティー”なかっこよさを桜井くんは持っていると思うので、そういう部分も出したいなと思いつつ、スカパラでやるときには、誰が聴いてもはっきりわかる明るさと美しさを持った歌詞にしたいな、という気持ちで書きました。

そういう路線って実はけっこう難しくて。“美しい”“明るい”みたいなのって、どうしても単純になりがちで、聴いてておもしろくないっていうか。そういうところに、いろいろなドラマを乗っけるってのが意外と難しかったんで、歌詞を書くのに2ヵ月くらい悩んじゃいましたね。

東京スカパラダイスオーケストラのシングル「リボンfeat.桜井和寿(Mr.Children)」は、現在発売中です。詳しい情報は公式Webサイトをご覧ください。

8月21日(水)のゲストは、作家の小川哲さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年8月28日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

関連記事(外部サイト)