「FC東京を強くするために…」石川直宏が語る“サポーター愛”と“チーム愛”

「FC東京を強くするために…」石川直宏が語る“サポーター愛”と“チーム愛”

「FC東京を強くするために…」石川直宏が語る“サポーター愛”と“チーム愛”

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月15日(木)の放送には、サッカー元日本代表で、現在は「FC東京 クラブコミュニケーター」として活躍する石川直宏さんがゲストに登場しました。


浜崎美保、石川直宏さん、マンボウやしろ



石川さんは、2000年に横浜FマリノスでJリーグデビュー。2002年にFC東京へ移籍。2003年から2004年にかけては、アテネオリンピックを目指すU-20日本代表とA代表の招集を受け活躍。度重なる怪我を乗り越えてファンを魅了し続け、2017年に引退。現在は「FC東京 クラブコミュニケーター」としてクラブの発展に尽力しながら、メディア出演や講演など、幅広く活躍をしています。

×××

マンボウ:学生の人がバイトしてお金貯めて(応援に)来てくれるっていうのは、もちろん、社会人の方々も働いて、そのお金で、サッカーというエンターテインメントを選んでくれるっていう事は、本当にありがたいですね。

石川:いやーうれしいですね。選手のときも、そういうみんなの思いを持ってピッチに立っていましたけど、今は引退してピッチには立てないので、毎試合(スタジアムの)入り口に行っておもてなしするんですけど。

やっぱり、いろんな人たちが、笑顔で入ってきてくれるんですよ。試合もそうですけど、スタジアムの特別な空気を感じてもらって、幸せになって、スタジアムを後にしてもらいたいなっていう思いで、今の立場で活動しているので。本当に“みんなの思いを1つにしていきたい”っていう気持ちでいっぱいですね。

マンボウ:現役時代は気付かなかったけど、客観的に選手を見る側になって“若いときはあそこが足らなかった”とか“こういう気持ちがもっとあったら”って見えることってありますか?

石川:いや、もう自分はやり尽くしたと思っていて。全く後悔も何もないんですよ。きっぱり“選手はもういい”と。ピッチは違いますけど、FC東京を強くするために活動して。やりがいを感じていますね。

マンボウ:長い間プレーされましたけれども、何か秘訣や、気にしていたこと、気を付けていたことってあります?

石川:(サッカーは)非常に変化が多いスポーツで、そういったなかで、自分もその変化を受け入れて、1回消化して、進化に繋げていく。いろんなことを乗り越える、それだけのタフさっていうのが非常に必要かなと。謙虚な気持ちと、乗り越える精神的な強さ。その2つかなと思いますけど。

マンボウ:今のお話を聞いていると、生きてくために本当に必要なことだったりしますよね。

石川:そういう環境とかっていうのは、自分が飛び込んでいくことで、もちろんチャレンジはするんですけど、色んな変化はあるじゃないですか。その変化っていうのは、自分が選ぶことが出来なかったり……。僕なんかでいうと、ケガが非常に多かったので、とにかく、それを乗り越えるしかなかったんですよね。

自分はケガを通じて、ファンやサポーターとの繋がりを通じて乗り越えることが出来たので、そういった思いは人一倍強いですね。


サッカーへの思いを語った石川直宏さん



マンボウ:今ラジオを聞いてくれている方で“うまくいってないな”って思う方もいると思いますけど、そのときのベストを選ぶことが凄い大事だと思うんですよね。人生、予定通りいくことなんて、その確率の方が低いと思います。今“あー、予定通りいってない”って思っている方は、それは悔しいことだし、何か原因があるかもしれないし、手の届かない大きな流れの中にあったかもしれないですけど、大事なことは“思い通りにいくことよりも、今置かれてしまった環境からベストを見つけること”だと思うので、その繰り返しなんじゃないかなと思うんですよね。

石川:特に自分はそういう選手生活でしたし、色んな回り道じゃないですけど、色んな景色が見えたんですよね。その景色が、色んな形で繋がっていく。その乗り越えた先の新たな景色っていうのを楽しみに、苦しいことを乗り越えてきました。

マンボウ:まだサッカーの試合を観に行ったことないという方もいるかと思います。石川さんから、アドバイスがあれば最後に伺いたいんですけど。

石川:今は「クラブコミュニケーター」として色んな人たちとの繋がりを大事にしながら活動していますけど、やはり人と人との繋がり、ピッチもそうですけど、やっぱり“色んな人がサポートして、クラブチームがあるんだ”っていう雰囲気を、ホームの味の素スタジアムで感じて欲しいなって思いますね。

マンボウ:生きていると、たまに“独りぼっちだな”って思う事がありますけど、そういう時にFC東京の試合を観に行ったら、たくさんの人と繋がれているような、それこそプレーヤーと繋がっているような気持ちになれますか?

石川:そうですね。もちろん勝つこと、点を取ることは1番嬉しいし、喜びなんですけど、同じように悔しがったり悲しがったり……。スタジアムでは、それを共有できるっていうところですよね。

マンボウ:そうですよね。誰かと同じような感情の動かし方を2時間するとかって、生活ではないこともありますからね。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜17:00〜19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co



関連記事(外部サイト)