“ジャパン・ブルー”でネパールを救う! 「藍染め」を伝える日本人の挑戦

“ジャパン・ブルー”でネパールを救う! 「藍染め」を伝える日本人の挑戦

“ジャパン・ブルー”でネパールを救う! 「藍染め」を伝える日本人の挑戦

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。8月24日(土)の放送では、民間プロジェクト「AiUeO」メンバーの佐條佳輝さんにお話を伺いました。

日本とネパールの架け橋「藍染め」



今回は、日本とネパールの架け橋となった「藍染め」のお話です。

“和”の色といえば、藍色。「ジャパン・ブルー」と最初に呼ばれたのは、明治の初め。日本にやってきたイギリス人の化学者が、町のあちこちに見られる藍染めの色を、「ジャパン・ブルー」と呼んだのが始まりだと言われています。

藍の生産量日本一なのが、徳島県。そんな徳島が誇る藍を、ネパールの山村で育てる民間のプロジェクトが進んでいます。

プロジェクトの名前は、「AiUeO(あいうえお)」。「藍、植えよう」という意味が込められています。

「藍染め」が現地の人たちの生業に



2015年に発生したネパール大地震。ほとんどの家が壊れた村で、現金収入の手段を確保するために、何をしたら良いのか。村の人たちが生業を持ち、笑顔で暮らせるために、何ができるのか。

その答えが、「藍染め」でした。

「ネパールの人たちと話していたら、震災の復興より、村に現金収入に結びつく仕事がないから、みんな出稼ぎに行かなければいけないということのほうが問題だと聞きました。それで、藍を使って何かできないかということで、蓼藍(たであい)という藍の種を徳島から持って行きました」と振り返る佐條さん。

現地の人々にとって、まず必要なのは「仕事」だったのです。

「藍染め」でたくさんの人を笑顔に



佐條さんたちは、徳島の蓼藍を持って行き、現地で栽培。“スクモ”と呼ばれる、藍を原料とした染料づくりをスタートさせ、村に仕事を生み出すことで、家族を離ればなれにしない手助けをおこなっています。

そもそも、ネパールには藍がありません。近くにはインド藍があるものの、徳島の蓼藍とは別の品種です。

「最初の2年は、発芽したものの上手く育たず土から作り直して、3年目で上手く育ちました。今後、藍が染まるようになってから、どのように商品に落とし込んでいけば良いのかを考えています」

今後のステップは、収穫した葉で藍染めをし、商品化を進めていくこと。日本に昔からある藍染めを、現代にフィットする方法で商品を作り、たくさんの人の笑顔につながるようにしていきたい、と佐條さんは語ります。

日本とネパールの架け橋となる挑戦は、まだ始まったばかりです。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年9月1日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:DUNLOP presents みらい図鑑
放送日時:毎週土曜13:55〜14:00
パーソナリティ:吉田美穂
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/index.php

関連記事(外部サイト)