松本薫「あのとき、負けてよかったのかなと思う」リオ五輪を振り返る

松本薫「あのとき、負けてよかったのかなと思う」リオ五輪を振り返る

松本薫「あのとき、負けてよかったのかなと思う」リオ五輪を振り返る

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」。8月24日(土)の放送は、先週に引き続き、元柔道選手の松本薫さんをゲストにお迎えしました。

松本薫さん



松本薫さんは、2012年ロンドンオリンピック 柔道女子57キロ級で金メダルを獲得。2016年には、リオデジャネイロオリンピックに出場し、銅メダルを獲得しました。
2019年2月の現役引退後は、アイスクリームショップ「Darcy's Guilt Free Ice Cream Labo(ダシーズ ギルト フリー アイスクリーム ラボ)」のプロデューサーとしても活躍しています。

◆「あのまま勝ってしまって優勝していたら…」
茂木:ロンドンオリンピックのあと、あれだけのすごい戦いで金メダルをとって、“ちょっと一休み”というのはあったんですか?

松本:一瞬ありましたね。「オリンピックで金メダルをとる」「母をオリンピックに連れていく」という目標が達成されてしまったので。

“まだ柔道は続けるだろうな”というのはわかっていて。でも、次の目標を見つけないと走ることができない。その目標を見つけるために、1年間休養しました。

茂木:その間は何をされていたんですか?

松本:いつでも試合に出られるような体作りをしながら、次の目標の定め方を考えていました。

そのような、心の迷いを抱きながら実家へ帰ったとき、見かねた父が「わしをリオオリンピックに連れて行ってくれ」と。目標設定をするために言ってくれたと思うんですけど。それが私の目標設定になりました。

茂木:その4年後、再びオリンピックに出場しますが、準決勝で、我々から見ると変な形で一本入っちゃったというか……。ご本人としてはどうだったんですか?

松本:あれはいかんやつです(笑)、油断しました。あの選手には負けたことが1回しかなくて、勝率が90%でした。その次の決勝の相手を見ても、私はずっと勝っている相手だったので“リオ、金獲った!”と思ってしまって。

茂木:邪念が生まれしてしまったんですね。直後は、どのようなことを考えていましたか?

松本:投げられた瞬間、“終わった……”と思って。畳を出るときには、“あともう1試合あるんだ、ここで絶対に勝たないとメダルがないんだ、それは絶対ダメだ!”と思って。3位決定戦が一番集中しました。

茂木:どのようにして心を立て直したのですか?

松本:立て直すしかなかったというか、追い込まれているので、“あとは勝つしかない!”みたいな。一気にどん底まできてしまったので、イヤでも上がりました(笑)。

茂木:我々から見たら、銅メダル自体がすごいわけですよ。どんな気持ちでしたか?

松本:メダルを獲ったという安心感はあったんですけど、今になって思うのは、あのとき負けてよかったのかなと思います。

あのまま勝ってしまって優勝していたら、多分、私は天狗になっていたなって思います。“自分の柔道のやり方が絶対だ”と思い、何かを伝えるときに押し付けてしまう、そんな私になっていたんじゃないのかなって思います。

茂木:柔道の神様がいらっしゃるとすると、あのときは、何かを伝えようとしたんですかね。

松本:そうですね(笑)。

◆パフェを“1日5回”食べたら…

松本薫さんプロデュース「Darcy's(ダシーズ)」のアイスクリーム



茂木:松本さんはアイスクリーム屋さんを始められて、メディアでかなり話題になっていますね。
お好きなんですよね?

松本:はい(笑)。

茂木:(試食をして)すごく美味しいんですけど! 僕が聞いたのは“健康にいいアイス”ということで、これがチョコミントですよね。僕はチョコミントが好きなんですけど、美味しいですね。

松本:これはギルトフリー(=罪悪感がない)な優しいアイスで、添加物の入っていないチョコミントを使用しています。体に残さずきちんと消化できて、消費できる作りになっています。

茂木:アイス屋さんの名前「Darcy's(ダシーズ)」の意味は?

松本:日本の“出汁(だし)”のことです。もともとある素材のよさを引き出すということで、“ダシーズ”になっています。

茂木:かっこいい名前だなと思って、まさか出汁からきているとは(笑)。素材のよさを引き出すという意味においては、また1つ、アイスクリームが進化するっていうことだと思います。
ロンドンオリンピックで金メダルを獲ったあとに、「パフェを食べたい」っておっしゃってましたよね。

松本:はい、言いました(笑)。

茂木:そしたら、たくさんの方がパフェを食べさせてくれて。全部食べたら、大変なことになってしまったとか。

松本:大変でした(笑)。体重に乗る前の脂肪ってわかりますか? 脂肪が最初に付くときって、体にふわふわって付くんですよ。その次に、触れてなでると痛がゆくなって。“あ、やばいな”って思ったときに体重計を見ると、ちゃんと乗っているんです。

茂木:なるほど。

松本:ロンドンオリンピックのあとに、パフェを1日5食、いろんなところでいただいて食べていたんです。それが激しかったのと、体に残るものを食べると、胃もたれとか、そっちのほうがすごく気になってしまって。“どうせ好きな物を食べるなら、体に良いものを食べたい”という想いで提供しています。

茂木:お客さんはどういう方が多いですか?

松本:小さいお子さんから高齢の方まで、さまざまな年代の方に来ていただいています。小麦粉、乳製品を使わない“アレルギーフリー”で作っているので、アレルギーでアイスが食べられなかった子どもが、「初めてアイス食べた!」って言ってくれて。

茂木:それは嬉しいですね。

松本:「美味しかった、また来るね〜!」って言ってくれたときは、嬉しかったですね。

次回8月31日(土)の放送は、脳科学者・茂木健一郎が「人と上手に付き合うコミュニケーション術
」や「人の幸せの価値観とは何なのか?」……など、脳科学的視点で紹介する「スペシャルバージョン」でお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限:2019年9月1日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYOFMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00〜22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/dreamheart/

関連記事(外部サイト)