「毎回、泣きながら…」OLDCODEX・Ta_2“学生時代の思い出”を語る

「毎回、泣きながら…」OLDCODEX・Ta_2“学生時代の思い出”を語る

「毎回、泣きながら…」OLDCODEX・Ta_2“学生時代の思い出”を語る

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER〜LADDERLESS from OLDCODEX〜」。8月27日(火)は先週に続き、番組初の公開収録の模様をオンエア。OLDCODEXの2人が、高校時代の思い出トークを繰り広げました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年8月27日(火)放送より)

左からYORKE. Ta_2



公開収録には、抽選で選ばれた約250名のファンが参加しました。会場には、8月4日(日)に西武新宿駅前「YUNIKA VISION(ユニカビジョン)」前ステージでゲリラペインティングをおこなったときの作品も展示。参加者の目を楽しませました。

そしてOLDCODEXの2人のもとには、8月のメールテーマ「夏の思い出」にまつわる、こんなメールが届きました。

「現在、高校3年生で、8月は文化祭の準備中です。今まで前に出るようなタイプではなかったのですが、高校最後の文化祭で、クラスでミュージカルをすることになり、主役を任されました。悔いのないよう、みんなで練習を重ねて、最高の舞台にしたいです! します! そして最優秀賞を獲り、この夏で一番の思い出にしたいです!! Ta_2さん、YORKE.さんは、高校最後の文化祭で何の出し物をしましたか?」

Ta_2:今まで文化祭の話はしたことあったけど、高校最後の文化祭はどう?

YORKE.:高校……最後? 何もやってないんじゃないかな、多分。

Ta_2:じゃあ、高校最後の思い出っていうと、どういうものがある?

YORKE.:俺は、志半ばでバスケをケガで終えちゃったから、最後はやさぐれてた。あんまりいい思い出はないかな。そこで俺は、美術というものに出会って、デッサンなどを描き始めて、(高3が)一番迷路というか。“俺はどこに行くんだろうな?”みたいな感じだった。だから、(このメールのリスナーのように)主役でミュージカルとか、こんなキラキラしてなかった。

Ta_2:俺もそうなのよ。俺もこの頃は(声優の)専門学校に行ってて、18歳のときは事務所に所属しながら、週1回の勉強会というか、稽古に行く機会があった。当時はまだ愛知県にいたから、毎週1回(東京に)通ってたのね。

YORKE.:愛知から?

Ta_2:そうそう。その期間が1年間あって、そういう思い出しかない。

YORKE.:移動が長いね。

Ta_2:長い。夜行バスで帰るより、新幹線のほうがお金はかかるけど便利だから、「こだま」で毎回帰ったりした。お芝居を辞めちゃった、当時の同期の家に泊まりに行ったりね。そいつの家が、駅から20分ぐらいかかるんだけど、(稽古で)毎回悔しい思いをしてたから、毎回、泣きながら帰っていたことを、すごく覚えてる。辛かったな。俺はそういうことがあったから、この子には頑張ってほしいよね。

YORKE.:そうだね。

Ta_2:高校最後の文化祭を、いい思い出にしてほしいね。

ほかにも番組では、“主役に決まったのは、いったいどんなミュージカルなのか?”という話から、Ta_2とYORKE.が某有名ミュージカルの真似を始めるひと幕もありました。

9月のマンスリーメールテーマは、みなさんが「いま立ち向かっていること」です。番組Webサイトより、投稿を受け付けています。ぜひお便りをお寄せください!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年9月4日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER〜LADDERLESS from OLDCODEX〜
放送日時:毎週火曜25:00〜25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

関連記事(外部サイト)