夢で見たあの世界は“前世”…? 相談者の不思議な夢を江原啓之が解説!

夢で見たあの世界は“前世”…? 相談者の不思議な夢を江原啓之が解説!

夢で見たあの世界は“前世”…? 相談者の不思議な夢を江原啓之が解説!

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、夢で見た不思議な世界は何だったのか……? という相談者からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


江原啓之



◆「前世を見てみたい」と言ったら…
「私が大学生のときに見た不思議な夢の話を聞いてください。当時、私は自分の進路のことや人間関係、自身の性格のことで悩み、精神的にツライ時期でした。そんなときにみた夢なのです。

空も地面も建物も、とにかく何も無い、全てがベージュ色の空間に、私と謎の男性が居て、私がその男性に、最近あったどうでもいいような話をずっとずーっと、話しているんです。ふと“あれ? 私、気がついたら1週間くらいこの場所にいない? 時間がない空間のようだけど大丈夫かな? まっ、いっか!”と思いつつ、しばらく滞在していました。

その夢の最後に“最近、「オーラの泉」っていう番組が放送されていて、前世とか気になるんだよね! 見てみたいな〜!”と私が言うと、その男性が“前世見たかったの? 早く言ってくれればいいのに!”と言った瞬間、さっきまで何も無かった空間にパイプ椅子が置かれ、座るといつの間にか映写機とスクリーンが! そして周りが暗くなり、映画のように私の前世らしきものが放映されたのですが……あまりにも悲しい話過ぎてショックを受け、胸が痛くなり……気がつくと夢から覚めていました。

現在そのときに見たものは一切覚えていません。でも、悲しくツラかったので、前世を見たのを少し後悔したことは覚えています。あの夢の世界は一体何だったのでしょうか? ただの夢? それともあの世……? それから何度かその男性の夢を見たのですが、最近は全く見なくなりました」

◆江原からの“ことば”
「これは完全に守護霊ですね。こちらに戻ってくると、おかしな夢に変わっていたり、忘れたり、朧げになったりする。クッキリハッキリと覚えているということはなかなかない。中途半端に覚えているけれど、魂には刻まれている。あなたは前世を見せてもらったんです。

けれど、胸が痛くなって悲しくなって……と、ネガティブになる、あなたの解釈がダメ。“現生を楽しめ!”ということ。“前世に比べたら、どれだけ幸せなんだ!”ということを言われている。あなたの問題は、すべてをネガティブに捉えるところ。でも、最近見なくなってきたということは、良くなってきたということなのでしょうね」

◆江原啓之 今夜の格言
「神秘の力を活かしてみませんか?」
「思いの力で、人生は変えられます」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)