愛車の自転車を、よりカッコ良く魅せる!“インスタ映え”する3つのポイント

愛車の自転車を、よりカッコ良く魅せる!“インスタ映え”する3つのポイント

愛車の自転車を、よりカッコ良く魅せる!“インスタ映え”する3つのポイント

声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。9月8日(日)の放送では、愛車のロードバイクを簡単に“インスタ映え”させるポイントをお届けしました。


“インスタ映え”のポイントを押さえて、野島が撮影した愛車「S1NEO」



★ポイント@「自転車を右に向けて撮る」
野島:“自転車の右側面を撮影しましょう”ということですね。自転車は左右非対称なので、右側面にギアやチェーンがあり、重要なパーツが集中しています。自転車が好きな人にとっては、“どんなパーツが付いている自転車を購入したのか?”、とくに自転車の右側が見たいんです。なので、より良く見せるためには、まず右側を向けて撮影しましょう。

★ポイントA 自転車をカッコ良く見せる大事なポイントは「ギア」
野島:ロードバイクは、ギアの位置が大事になってきます。つまりチェーンの位置です。
フロントにもギアがついている自転車の場合は、大きいほうのギア(アウターギア)に。そして、後ろのギアは一番小さいギアにします。この状態が、一番チェーンがカッコ良く写ります。このとき、「リアディレイラー(後ろの変速機)」は、バネが伸びた状態ではなく、本来の変速機の形になっている。これが“自転車通”から見て一番見た目が美しい状態になっています。

★ポイントB「ペダル」の位置は水平に!
野島:ペダル(クランク)は、右が前の状態で水平にしましょう。ここをよく見ると、メーカーなどの名前がついているので、水平にして読めるようにします。斜めになっていると、中途半端でカッコ悪いです。
ここからは、カメラの技術になってくるのですが、またの機会にお話ししたいと思います。
まずは、自転車を今回お話しした置き方にしてくださいね!

さて、9月15日(日)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」では、残暑も吹き飛ぶ!? 野島が遭遇した、自転車にまつわる怖い体験をお送りします。どうぞ、お楽しみに。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年9月16日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国22局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週日曜朝5:00〜5:30(JFN各局の放送時間は番組Webサイトおよびアプリ「JFN PARK」でご確認ください)
パーソナリティ:野島裕史
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/toj
番組公式Twitter:@TOJ_info

関連記事(外部サイト)