知っておきたい「キャッシュレス・ポイント還元制度」専門家が解説!

知っておきたい「キャッシュレス・ポイント還元制度」専門家が解説!

知っておきたい「キャッシュレス・ポイント還元制度」専門家が解説!

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。9月14日(土)の放送では、経済産業省 キャッシュレス推進室室長の津脇慈子さんに、「キャッシュレス決済でポイントをもらおう!」をテーマに話を伺いました。


秋元才加、JOY



2019年10月の消費増税に伴い、10月から2020年6月までの9ヵ月間、キャッシュレスで買い物するとポイントが還元される「キャッシュレス・ポイント還元制度」が実施されます。

この制度の意図について、津脇さんは「10月から消費税率が8%から10%へ2%引き上げになるので、政府としてはこの2%を上回る最大5%のポイント還元をおこなうことで、家計への負担を減らし消費を喚起する、併せてキャッシュレス決済を普及させることを目的としている」と説明します。

なぜキャッシュレス決済の普及を推進しているかと言うと、「キャッシュレスでお買い物をしていただくと、現金を持ち歩かずに済みます。また、お店側にとっても代金やお釣りを受け渡す手間、閉店後の売り上げを確認する時間が削減でき、店舗運営を効率化できるので、消費者にもお店にもさまざまなメリットがある」と言います。

さらに、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、日本を訪れる外国人観光客の増加が予想されているだけに、「訪日外国人のおよそ54%がクレジットカードを利用しているというデータもあり、キャッシュレスでお買い物をしやすい環境を整えると、外国人観光客の需要に応えることができるのでは」と津脇さん。

ちなみに、訪日外国人のおよそ7割が、クレジットカードなどを利用できる場所がいまよりも多かったら、「もっと多くのお金を使った」と回答しているデータがあるそうです。

そして、津脇さんは外国人だけではなく、「日本人の方にも、キャッシュレス決済をもっと使ってほしい。“キャッシュレスなんて複雑で危険”と思っている食わず嫌いの方もいらっしゃるかもしれませんが、お得なこの機会に1度使ってみてメリットを実感していただきたい」と声高に訴えます。

なお、ポイントの還元率には違いがあり、「今回の制度は、特に中小・小規模の店舗が対象となります。ポイントの還元率は、原則としてお買い物金額の5%で、コンビニや外食チェーンなどのフランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどでは2%です」と補足。

また、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、QRコードなど、一般的お買い物に繰り返し利用できるキャッシュレス手段を幅広く対象としているだけに、事前に対象となる店舗とキャッシュレス手段を確認しておくことが重要です。

津脇さんは、「これらは『キャッシュレス・ポイント還元事業』のWebサイトで確認できます」と周知しつつ、「日ごろ自分がよく利用する店舗がポイント還元の対象なのか、自分のカードはポイント還元を受けられるのかなど、このサイトで確認してみてください。これまでキャッシュレス決済に抵抗があって利用していなかった方も、この機会にぜひ利用していただきたい」と呼びかけていました。

秋元が「キャッシュレス決済は、すごく便利でいろいろなメリットがあるのがわかった」と話すと、JOYも「こうした制度をきっかけに、キャッシュレス決済の利用が増えていけば、個人にもお店にもメリットがあっていいと思う。(日本で)オリンピックも開催されるし、いろいろと変えていくには良いタイミング」と感想を述べていました。


(左から)秋元才加、JOY、津脇慈子さん




----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年9月22日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:秋元才加とJOYのWeekly Japan!!
放送日時:毎週土曜11:00〜11:25
パーソナリティ:秋元才加、JOY
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/japan/

関連記事(外部サイト)