帰省あるある…!?「実家に帰って驚いた!」エピソード集

帰省あるある…!?「実家に帰って驚いた!」エピソード集

帰省あるある…!?「実家に帰って驚いた!」エピソード集

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
今回のテーマは「実家が変わってた!」でした。久しぶりに実家に帰省したら「テレビが大きくなってた」「ウォシュレットになってた」など、ちょっとしたレベルアップを遂げていることってありますよね。今回は、そんな「帰省あるある」を街の人に聞いてみました。


※画像はイメージです。



テーマ「実家が変わってた!」

◆テレビ環境がハイテクに!
「連休中、久々に実家に帰ったら、AmazonのFire TV stickっていうハイテクなものが導入されていて映画も見放題で、大きいテレビで観られるようになっていたので、毎日ご飯を食べた後は『みんなで観るかー!』って家族が集まって楽しかったです(笑)。実家の雰囲気は変わってほしくはないけど、こういうふうに現代的になっていくのはいいですね(笑)」(19歳/女性/大学生)

◆ガーデニングが趣味の母が大改造中
旦那さん「僕の実家が鎌倉なので、鎌倉に帰りました! 家自体は普通の一軒家だと思うんですけど、玄関まわりが変わっていて。特に何もなかったところが、母がガーデニングが趣味で今まさに変わっている最中。もともとあった塀とかも撤去されていて、だいぶ変えたなってわかります(笑)。前々からガーデニングをやりたがっていた母が、ようやく父の許可が下りたのか、さっそく着手してました(笑)」

奥さん「私のほうも実家が横浜なので帰ったら、お風呂場や洗面台が新しくなってました! ウチの家族は背が低いので以前使っていた洗面台も低く作られていたんですけど、今度のは20cmくらい高くなっていて使いづらかった(笑)。一番上の棚に私は手が届きませんでした(笑)。でも、母は楽しそうに話していたので気に入っているんだな〜って思いました」(旦那さん:32歳/研究職、奥さん:30歳/大学院生)

◆自分のモノが片づけられ、ペットグッズだらけに
「長野の実家に戻ってました。実家にトイプードルがいるんですけど、ペットグッズだらけになってました。いつもおやつが置いてあった場所も、全部ペットのおやつに変わってた(笑)。僕が好きなじゃがりこもなくなってましたね(笑)。いつも用意してくれていたはずなんですけどね。

僕は末っ子なんですけど、僕が家を離れてからお母さんがかわいがるものがペットしかいなかったんでしょうね。それでペットにかなり愛情を注いで、家の中が全部ペット用になったんだと思います。自分の物がなくなると、ちょっと寂しいなっていうのはありますよね。でも、親のことを考えると、『親も寂しいんかな』って思って。そこは、察しましたね。『この家はもう、(ペットの)ももちゃんの家なんだ……』って(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆マンションを買い換えていた
「実家は多摩センターのほうになります。けっこう久しぶりに夫婦で帰ったら、家が引っ越しをして変わってました(笑)。両親2人なんですが、以前のマンションよりはいい所だなって思いました。思ったよりきれいだったのと、思ったより広かった(笑)。

自分の部屋はなくなったので『荷物は全部持って行きなさいよ』って言われて持って帰りましたけど、寂しくはなかったです。勝手に好きなようにやってくれればいいかなって思ってるので。こっちが何を言っても聞かない人たちなので(笑)、好きなようにやってくれればいいかなって感じですね。歳を取ってきたしマンションのローンが残っているのが嫌なので、ローンを返済するためにマンションを売って、マンションを買ったようです(笑)。これで安心して老後を過ごせるのかなって。」(53歳/男性/IT関係)

◆実家の引っ越しは、日常茶飯事!?
「帰る家が変わってました(笑)。引越ししたみたいで、前から話は聞いていたんですけど、これまでにも帰る家がちょくちょく違うことがあって(笑)。でも、まさか一軒家に住むとは思いませんでした! 家に対するこだわりが強い母で、気に入らないとポンポン引っ越すので、『次はこの家なんだ〜』ってことが今回で4回目くらいになります(笑)。

『今回はアンタも気に入るよ!』って、自信はあったみたいで素敵な家でした! カントリー調というか、木のぬくもりがある感じというか、服で言うとピンクハウス系というか(笑)。お父さんは母にベタ惚れなので母の言うことが絶対で(笑)。素敵なお家でいい正月でした〜!」(27歳/女性/金融系)

【気持ちは複雑!? 実家の変化】
子どもたちがようやく自分たちの手を離れて、家を自分たちの好きなようにアレンジしている様子がなんとも微笑ましい「実家の変化」。ですが、子どもの視点から見ると、変わっていく実家に少しの戸惑いもあるようでした。堀内貴之は「今日はまた新しい視点が見られたような気がしました。子どもたちが出て行ったあとにお母さんが主導権を握って違う世界を展開していくという(笑)。子育てが終わってから夫婦で本当に好きな家を建てるっていうのもいいなって、ぼんやり思いました」とコメントしていました。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/city/

関連記事(外部サイト)