自転車声優・野島裕史が語る!“秋のライド”を楽しむためにすべきこと

自転車声優・野島裕史が語る!“秋のライド”を楽しむためにすべきこと

自転車声優・野島裕史が語る!“秋のライド”を楽しむためにすべきこと

声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。9月22日(日)の放送では、「オータムライドの楽しみ方」をお送りしました。


「ハレいろ・サイクリング OKAYAMA」の出張取材にて、秋の「鷲羽山(わしゅうざん)スカイライン」を走行する野島(2017年)



★夏に自転車を放置してしまった方は要注意!
野島:タイヤの空気圧やブレーキ、変速機などのメンテナンスは基本中の基本。夏でも毎日乗っていた方はチェックしているので大丈夫だと思いますが、暑くて自転車をお休みしていた方は必ずチェックしてください。

ロードバイクなどは1ヵ月も乗らないと、タイヤの空気が抜けやすいので、適正な空気圧で乗っていないとパンクの危険もありますし、スリップも起こしやすくなります。なので、空気圧は必ずチェックしてください。

屋外に1ヵ月以上保管してしまった方は、雨に当たらなくても、湿気などで錆びついている可能性があります。錆びているとパーツの強度が落ちて、チェーンやケーブルが切れたりする恐れがありますので、錆びは落とす。酷い場合は、パーツの交換をしてくださいね。

★冷えは“怪我”のもと! 防寒対策はお忘れなく
野島:秋のライドで大事なのがウェア。絶対に必要なのは、ウィンドブレーカーです。朝方や日暮れは気温が下がりはじめて肌寒くなってしまう季節です。体を冷やすと筋肉も固まりやすく、怪我のもとにもなるので、秋口から簡単な防寒具は用意したほうがいいと思います。

そして、グローブも夏用ではなく、指先まであるタイプの物を用意したほうがいいかもしれません。とくに寒いのが苦手という方は必須だと思います。

★「自転車」×「カメラ」で新たな発見を!
野島:僕の個人的なオススメですが、ぜひ用意していただきたいのがカメラです。秋は、紅葉もはじまって、景色もキレイですし、そんな紅葉を求めてロングライドをするのが最高です。

そんなときに、手軽なスマホのカメラでも良いのですが、やはり、ちゃんとしたカメラを持っていくと画像も良いですし、撮影するモチベーションが上がります。予定していたコースから外れて、撮影スポットを探してサイクリングしてみたりするのも、いいですね。自転車の楽しみ方、サイクリングの楽しさに厚みが増すような気がするので、ぜひ専用のカメラを持って行くといいと思います。

とにかく、サイクリングに絶好のシーズンです。みなさんもそれぞれの楽しみ方で、満喫してくださいね!

さて、9月29日(日)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」では、近年、サイクリングスポットとして注目を浴びる壱岐島(いきのしま)にて開催される、“神話の島”で「COZIKI(古事記)」を体験できる漫画・アート展「カミテン」を特集してお届けします! どうぞお楽しみに。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年9月30日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国22局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週日曜朝5:00〜5:30(JFN各局の放送時間は番組Webサイトおよびアプリ「JFN PARK」でご確認ください)
パーソナリティ:野島裕史
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/toj
番組公式Twitter:@TOJ_info

関連記事(外部サイト)