「大好きな祖父を亡くした後…」相談者に起きた不思議体験を江原啓之が解説!

「大好きな祖父を亡くした後…」相談者に起きた不思議体験を江原啓之が解説!

「大好きな祖父を亡くした後…」相談者に起きた不思議体験を江原啓之が解説!

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、亡くなった祖父に“呼ばれた”かのような相談者の不思議体験を紹介。江原が“ことば”を届けました。


江原啓之



◆バイトの移転先がなんと…
「私が高校生のときの話です。大好きだった祖父が病気で亡くなりました。亡くなる1か月前から入院していたのですが、まさか亡くなるとは思わず、お見舞いも1度しか行きませんでした。

亡くなったと知らされたときは悲しみと“何故もっとお見舞いに行ってあげなかったんだろう。もっとしてあげたいこともたくさんあったのに”と後悔でいっぱいでした。しばらくして私は地元のスーパーの中にあるパン屋でアルバイトをすることになりました。しかしバイトを初めてすぐ、そのスーパーが閉店。パン屋が移転することになり、移転先を聞いて驚きました。なんと祖父母の家の傍だったのです。

旧パン屋からは電車で2駅乗り、更に乗り換えて3駅と、そこまで近くはなかったので、何故ピンポイントでここに? と不思議でした。ここでバイトをすれば祖母に会える機会も増えると、迷わず新店舗で働くことを決めました。さらにさらに、オープン日に仰天。祖父が亡くなってちょうど1年の命日だったのです。

まるで“おばあちゃんのことをよろしくね。今度は後悔しないようにね”と、祖父が言ってくれているようで、祖母も“おじいちゃんが呼んでくれたのね”と、嬉しそうに話していました。そんな祖母も3年前亡くなり、とても悲しかったですが、今度は、後悔はありません。祖父にも祖母にも感謝の気持ちでいっぱいです。江原さん、これは偶然だと思いますか?」


◆江原からの“ことば”
「必然です。“呼ばれた”ということと、あなたも後悔があるから、お見合い成立。引き寄せ合ったのでしょうね。おばあちゃまにとっても孫が近くにいてくれて幸せで、おじいちゃんにしても、おばあちゃんが心配だったのでしょう。良い話ですね」

◆江原啓之 今夜の格言
「自分は敬われる人と言えますか?」
「あなたもいずれ、時代の一コマになるのです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)