災害時のスマホ対策! バッテリーを長持ちさせるコツとは?

災害時のスマホ対策! バッテリーを長持ちさせるコツとは?

災害時のスマホ対策! バッテリーを長持ちさせるコツとは?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。10月17日(木)の生放送は、ITジャーナリストの三上洋さんに、いま押さえておきたい最新ITニュース3つを教わりました。



◆予備のモバイルバッテリーを
先日、猛威を振るった台風19号。災害情報の確認などでスマートフォンの重要さに改めて気づいた方も多いのではないでしょうか。

三上さんは「一番怖いのは停電によるバッテリー切れ。情報が取れなくなるのでなるべく長持ちさせましょう」と言い、いくつかのコツを伝えます。

まず、動画鑑賞やゲームなど電池を消費する行動はNG。省電力機能を活用し、液晶画面はなるべく暗い設定にとアドバイス。これは、液晶画面が明るくなったときに最も電池を使うためです。同様の理由からアプリの通知はできるだけ切る、携帯のネットワークが止まったら機内モードにするなども有効だと言います。

また、予備のモバイルバッテリーを持つのも重要で、「1万mAh(ミリアンペアアワー)以上の容量ならスマホが2〜3回充電できます。3,000円前後なのでぜひ買ってください」と三上さん。車のシガープラグからUSBに変換できるアダプターもおすすめと話します。

◆ドラゴンクエストウォーク
9月のリリース以降、話題になっているスマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)」。どハマりしていると言う三上さんは、スタジオ入りする1時間前にすでに東京・半蔵門を訪れ、“モンスターと戦っていた”ほど。

そして、台風19号が接近した際の“神対応”も話題になりました。本来は外で歩くことを前提としたゲームですが、12日朝に自宅でできるイベントを開催して参加者の評価は急上昇に。

三上さんは「単純明快、戦ってレベルを上げて強くしていくだけのゲーム。身近な範囲で歩いて遊べる。誰でも楽しく遊べます」と大絶賛。特定の場所には「レアアイテム」を持つモンスターも配置され、旅行した際のおみやげ代わりとして機能しているそう。

◆キャッシュレス還元のおトク情報
最後は、国が推奨するキャッシュレスの恩恵です。10月から消費税率が8%から10%に上がり、クレジットカードや電子マネーなどの電子的決算手段で、キャッシュレス支払いを選択した場合にポイント還元を受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタート。

キャッシュレスを普及させたい政府の思惑と、増税による経済的なショックを和らげたい目的の同策。たかみなが「正直よくわからない」と話すと、三上さんは「現金で買ったら損です。最大5%分が還元される。お店を選べば実質、消費税5%で買える」と説明。

どの店が対応しているかは、店頭ののぼりを要チェックです。Suica(スイカ)などの交通系電子マネーやクレジットカードでも気軽に使えるので「まず積極的な利用を。いま現金は損だと覚えてください」とアドバイスしていました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年10月25日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)