Official髭男dism 小笹・楢崎の作詞作曲楽曲 制作裏話

Official髭男dism 小笹・楢崎の作詞作曲楽曲 制作裏話

Official髭男dism 小笹・楢崎の作詞作曲楽曲 制作裏話

Official髭男dismが、10月17日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。10月9日(水)リリースのニューアルバム『Traveler』に収録されている楽曲ついて、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。



とーやま校長:さぁ! ヒゲダン先生は、10月9日にメジャー……あぁ! メジャーファーストアルバムなんですね! 『Traveler』をリリース! おめでとうございます!

ヒゲダン:ありがとうございます!

とーやま校長:僕はこのアルバムが本当に好きなんですけど、4曲目の「Rowan」は小笹先生の作詞作曲なんですよね? ここで雰囲気がガラっと……開いていたものが内に入って、すごくいい時間だなと思って聴かせてもらいました。

小笹大輔(Gt):ありがとうございます。たしかにアルバムの場面転換として、すごい気に入っているところなので、そう言っていただけてめっちゃ嬉しいです。

とーやま校長:この曲は、どういうところから始まったんですか?

小笹:僕は上京して1年間くらい引きこもって、“Chill”なミュージックにはまっていた時期がありまして……。

とーやま校長:“Chill”で“Out”なやつ? 静かというかゆっくりというか、まどろめるような曲ですよね。

小笹:そうですね。“まどろみ”ですね。ヒゲダンではさとっちゃん(藤原聡)がメインのコンポーザーなんですけど、“他のメンバーも作曲してみよう”という試みがあって。自分がどういう曲を持ってっていいかよくわからないまま、何曲か出していたことがあったんです。でもこの“Chill”がいいポケットになるんじゃないか……ここに入っていけばいいんじゃないかみたいに思って。

とーやま校長:ヒゲダンのアルバムとして?

小笹:そうですね。ヒゲダンに僕が曲を書くときに、いいポイントを見つけた! と思って。今年の頭くらいに気づいて、そういうトラックを作るところから始まったみたいな感じですね。

とーやま校長:藤原先生が初めて聴いたときは、どのような印象を持たれました?

藤原聡(Vo/Pf):初めて聴いたときは、ギターのフレーズだけだったんです。“ヒゲダンには今までにあまり無い感じだね”ってところから、メンバーでジャムったりして広がっていって。エンジニア兼アレンジも一緒にやってくださっている(illicit)tsuboiさんという方がいるんですけど、その方のアレンジが加わることでさらにいつものヒゲダンにはない感じになりました。そういう音楽的な試みっていうのが、すごく楽しかったですね。

とーやま校長:そういうことを経て、この「Rowan」は、小笹先生的にはどういう曲になりましたか?

小笹:ヒゲダンの新たな一面を開くことができた曲なんじゃないか、と思っています。



とーやま校長:全部で14曲入っていて、10曲目には「旅は道連れ」があるじゃないですか。『Traveler』が終盤に近づいて……でもまたここからいける! みたいな曲じゃないですか?

楢崎誠(Ba/Sax):ありがとうございます!

とーやま校長:胸張って、なんならスキップまじりで……。

楢崎:もう、そういう気持ちで作りました。

とーやま校長:これは、楢崎先生が作詞作曲?

楢崎:さようでございます。

とーやま校長:今までも、曲は作られていたんですか?

楢崎:デモを作ってみんなで聴く、みたいな会はあったんですけど。今回、アルバムを出すということになり、これがヒゲダンの顔といわれるような1枚になると思っていたので、メンバーのパーソナルみたいなものが見えるスペースがあってもいいんじゃないか、という話になったんです。それで、 “(小笹)大輔と楢ちゃん、1曲ここに入れるから頑張れ!”みたいなテンションで作り始めました。

とーやま校長:でも信頼が無いとできない話ですよね。

楢崎:そこまでやってくれたというか、チームにそういう気持ちがあるから1曲仕上げられたと僕は思っていて。自分にそんなに自信がなかったんで、曲を1曲作れるぞ! という自信が。でも、デモの初期段階からみんなに、“この曲は、こういうイメージで作っていきたい”という話をしたら、みんなが応えてくれたし……。

藤原:楽しかったですね。

楢崎:そこから歌詞も変えていったんです。全体的なイメージは、1人で何かを成し遂げられなくても、いい仲間に出会って切磋琢磨じゃないですけど……助け合いながら、力を借りるときはしっかり借りて進んでいったら、人生って面白いんじゃないか、ということです。僕が作詞作曲となっていますけど、チームみんなで作った雰囲気の曲になっていると思います。



――「旅は道連れ」オンエア

とーやま校長:最高すぎますわ!

藤原:ハッピーなんですよね。

とーやま校長:曲を聴きながら、今思ったことを言っていいですか? ヒゲダン先生! あの……ずっとヒゲダン先生でいてくださいね。

藤原:もちろんですよ!

とーやま校長:別にネガティブなことでも何でもなくて(笑)、ずっといて欲しいな、って思っちゃった。

藤原:はい(笑)。“続けること”は、ヒゲダンが一番大事にしていることなんで!

楢崎・小笹・:松浦:そうだね!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年10月25日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)