マカロニえんぴつ Oasisをオマージュした1曲

マカロニえんぴつ Oasisをオマージュした1曲

マカロニえんぴつ Oasisをオマージュした1曲

マカロニえんぴつのはっとりさん(Vo/Gt)が、10月24日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とともに、音楽を始めたい10代のリスナーに向けて、作曲をする際に役立つある方法を伝えました。



とーやま校長:聴いてくれている10代の中には、バンドをやっていたりとか、曲を作りたいけどどこからやっていいかわからない、という生徒(リスナー)がたくさんいるんです。

はっとり:自由に作ればいいんですよ。

とーやま校長:でも、そこを具体的に知りたい生徒もいるわけですよ。今日ははっとり先生に来ていただいているし、何でもいいので教えていただけることとかあったりしたら伝えて欲しいんですけど。

はっとり:ま、自由とはいえね、きっかけというかヒントがないとやりづらい、作りづらいところもあると思うので……わかりました! 一応、今日は先生として来ていますから……。

とーやま校長:今、目の前に黒板とチョークが! じゃあ、授業をやってくれるってことでいいですか?

はっとり:まかせてください! 黒板書きます! ズバリ……『オマージュ』。



とーやま校長:本日のはっとり講師の講義は『オマージュ』? これはどういうことですか?

はっとり:“題材”と言ったら分かりやすいですかね? 何かをやるにあたり、どの分野、ジャンルでも、ゼロから始めるのは難しいと思うんです。曲を作るにも何か題材がないと……『オマージュ』というのは……言葉を選びますね…………パクリ。

とーやま校長:(笑)。選んでそれ?

はっとり:ちょっと間違えました(笑)。……“影響”ですかね?

とーやま校長:(笑)。それ一個目でも良かったでしょ?!

はっとり:(笑)。それから“遺伝”。隔世遺伝というかね。先輩ミュージシャンから脈々と受け継いでいる遺伝、という言い方をすれば、あまり棘がない。

とーやま校長:はっとり先生だったら、UNICORNとか?

はっとり:そうです。

とーやま校長:じゃあ、オマージュしているアーティストがいるってことですよね? この曲には、このアーティストとか。

はっとり:はい。いろんな曲で散りばめていますけど、分かりやすい曲として選んだのはOasis!

とーやま校長:お〜、イギリスのロックバンド! じゃあOasisの曲を、マカロニえんぴつ先生がオマージュで取り入れている?

はっとり:そうですね。聴いてみますか?

――ここで、Oasisの「Whatever」をオンエア

とーやま校長:初期の有名な曲ですね。

はっとり:これはアウトロかな。「ここの部分!」というよりは、この雰囲気ですね。ストリングスの……ビオラ、バイオリン、チェロとか。(マカロニえんぴつにも)本当に弦の人を呼んでやった曲があります。

とーやま校長:その曲も聴きたい!

はっとり:じゃあ、曲紹介いいですか? 「Whatever」をオマージュして作りました、マカロニえんぴつで「春の嵐」。

――ここで、マカロニえんぴつの「春の嵐」をオンエア

とーやま校長:まんま、じゃないんですね。

はっとり:そうですね。コード進行もたぶん違います。

とーやま校長:この曲では、どういうところに気をつけたんですか?

はっとり:例えば、ストリングスで同じような雰囲気を出したい、と思うじゃないですか。今ってシンセサイザー……ピンキリで安いのから高いのまでありますけど、安い手ごろな物を買っても音色がたくさん入っているんですよ。ストリングスの音も、何パターンも入っているんです。「これを録音して、それっぽいのを作ってみたい……!!」と思ったら、音色選びに気をつけるというか。

とーやま校長:へぇ〜。

はっとり:ストリングスの人数感というか……。「Whatever」自体が、大所帯のクラシックではないんです。だから、それに近い人数感の音色を選ぶところから、ワクワクしてやると楽しいですね。「どうやったら、あれに近づくかな……?」って考えながら音を選ぶとか。でもこれは、宅録をする人用のアドバイスでもありますね。

とーやま校長:今の話を聞いていて、“楽しい”とか“ワクワク”というのが、めちゃめちゃデカいなと思いました。音色を探すのが、楽しいんですもんね?

はっとり:そうなんです。その時間が一番楽しかったりします。簡単に言えば、「どうやったら似るかな?」ってことです。歌のマネもそうですよね。今って、ボイスメモで簡単に自分の声が録れるじゃないですか。それを聞きながら「まだまだだな」、「この一瞬似てたな」とか。モノマネの再現というか、最初はそういうのでいいと思います。

とーやま校長:これはいい授業をいただきました!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月1日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)