不要家族、デモッソの都市…? 恥ずかしいけど笑っちゃう!「勘違いエピソード」

不要家族、デモッソの都市…? 恥ずかしいけど笑っちゃう!「勘違いエピソード」

不要家族、デモッソの都市…? 恥ずかしいけど笑っちゃう!「勘違いエピソード」

先日、TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」で取り上げたTFM+コラム「恥ずかしいけど笑っちゃう! 日常に潜む『勘違いエピソード』」。後にYahoo!で配信したところ、Yahoo!のコメント欄に意見が寄せられました。今回は、そのコメント欄からピックアップした興味深い意見を、パーソナリティのたかみなのコメントとともに紹介します。


※写真はイメージです



どんな人でも勘違いはするもの。ですがなかにはつい赤面してしまうような勘違いに遭遇することもあります。Yahoo! のコメント欄には、こんなエピソードが寄せられました。

「『赤鼻のトナカイ』の歌で、“でもその年の〜クリスマスの日〜”のところを“デモッソの都市”だと思っていました。多分寒い国なんだろうな……と考えてました」

“デモッソ“の都市……。そんな国名、ありそうな気もします。歌詞の聞き間違いや勘違いはたくさんありそうですね。

「漢字テストで、“父と銭湯に行く”を“父と戦闘に行く”と(書いてしまいました)。なんで間違い?」

確かに戦闘に行くこともあるかもしれません……。間違いとは言い切れない? かも。

「“山車”とか“殺陣”とか、言葉は知ってますが、いざ漢字でくると間違いますよね」

「山車(だし)」を「やまぐるま」、「殺陣(たて)」を「さつじん」……。一度は間違ったことがある人も多いのではないでしょうか。さらに番組にはこんなメッセージが寄せられました。

「“扶養家族”を“不要家族”だと思っていました。どんなときに家族から“不要だ”と言われるのか、ずっとドキドキしてました」

これはよく聞くエピソード。日本語には同音異義語がたくさんあるので難しいですよね。

「私の姉は、覚え間違いから出る言い間違いを多発します。“あのラーメン屋、長者の列だったよ”と言ったり、“南京錠”のことを“北京鍵”と言っていました。いつか姉の言い間違いを集めた本を書きたいです」

「北京鍵(ぺきんかぎ)」、何となく分かる気もします。本人が恥ずかしがらずに堂々としている場合は、思い切り笑えてその場が和みそう。

「息子4歳が現在宇宙の本にドはまりしています。文字は読めないので付属のDVDでお勉強。宇宙の話をたくさんしてくれますが、“亀が月の表面に……”と言うので“ハテ?”と思っていたのですが、月食のことで“影が月の表面に”の勘違い。DVDで聞き取れないところを彼の語彙で補足して、月の表面を亀が歩いてしまいました(笑)」

こちらはかわいい勘違い。たかみなも「いい想像力ですね!」と笑っていました。

誰もが一度はしたことのある勘違い。こうして並べてみると、どれも周囲を和ます微笑ましいものばかり。面白勘違いを披露してしまったときは、ひょっとすると人気者になれるチャンスかもしれませんね。

<番組概要>
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)