木村拓哉「届いた曲の量がハンパなかった」新アルバム楽曲提供に感謝

木村拓哉「届いた曲の量がハンパなかった」新アルバム楽曲提供に感謝

木村拓哉「届いた曲の量がハンパなかった」新アルバム楽曲提供に感謝

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。10月27日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに答えました。



◆「この番組があったからこそ」
<リスナーからのメッセージ>
「先日のアルバムリリースのお知らせは、めちゃくちゃうれしかったです! 稲葉浩志さん(B'z)からの手紙や、ゲストの方々からの音楽活動の後押しがアルバムにつながったことを知り、胸がいっぱいになりました。久しぶりのレコーディングはどうでしたか? レコーディングをされた今のお気持ちを教えてください」(35歳 女性)

9月末の放送で、2020年1月にアルバムをリリースすることを発表し、音楽活動再開への思いを語った木村。改めて「この番組でお迎えした素晴らしいアーティストの方々との再会というか、音楽活動への応援がありまして……。自分のなかでは“まぁ、そういうタイミングがあったらね”っていう社交辞令でいたことは確かなんですけど、稲葉さんからの手紙もそうだったし(ゲストで登場した)アーティストの方々からの『何で(音楽活動を)やらないの?』っていう素朴な言葉がすごくありがたかった」と話します。

そして何よりも「皆さんからいただいた『ぜひ、音楽活動の可能性があったら待ってま〜す』みたいな。『お願いだからやってください!』という熱量よりは、みんなの『そういうタイミングがあったら、私たちも待ってま〜す』と、とてもフラットな温かい気持ちが自分に届いてきて。“じゃあ、どうする?”みたいな」と振り返ります。

徐々に気持ちが動かされていくなか「それで、ビクター(エンタテインメント)さんが『もし、その気があるなら自分たちも動くんで、いろいろなアーティストさんにお声がけして楽曲提供とかしていただいたほうが、スムーズに動けるんじゃないか』ということで」とのやり取りが。

当時木村は、ドラマ「教場」(フジテレビ系、2020年新春放送予定)の撮影を終えたばかり。現在放送中のドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の撮影を控えていたこともあり「『(声がけを)お願いしてもいいですか?』と言って。ビクターの方々が動いてくださって『こんな方たちから楽曲提供がありましたけど、どうします?』と言われて、届いた曲の量がハンパなかった……。“ドサッ”ときたんですよ。皆さんの気持ちもすごくうれしかったし、本当に感謝しています」と思いを語ります。

レコーディングでスタジオに入ったときは「以前と変わらない景色なんですけど、変わっているのは自分だけで……。“うわっ、何かこの感じ久々だな”っていう照れがありました」と感想を口にします。そして、レコーディングが始まってからは「非常に“歌筋”を使いまくって、やらせていただきましたね」

アルバムタイトルには「この番組があったからこそ成り立つアルバムだと思ったので“Flow”という番組のタイトルは是非入れたいなと思って。何かいいフレーズはないかと考えて『Go with the Flow』というタイトルに着地しました。2020年1月8日(水)に発売なので、楽しみにしていてください」とアピールしました。

次回11月3日(日・祝)の放送は、シンガーソングライターのUruさんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月4日(月・振休) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)