チュートリアル・徳井の申告漏れ問題に、若新雄純「ルーズさは直らない」

チュートリアル・徳井の申告漏れ問題に、若新雄純「ルーズさは直らない」

チュートリアル・徳井の申告漏れ問題に、若新雄純「ルーズさは直らない」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning〜season your life with music〜」。10月24日(木)の放送は、夏休みの市川に代わり、フリーアナウンサーの小野木梨衣さんがパーソナリティをつとめ、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、お笑いコンビ・
チュートリアル 徳井義実さんの申告漏れについて取り上げました。

若新雄純



◆「ちゃんと、税理士と契約すればよかった」

東京国税局に7年間でおよそ1億2,000万円の申告漏れを指摘されていたことが発覚した徳井さんは、10月23日(水)に大阪市内で会見を開き謝罪。「自分のだらしなさや怠慢」「自分がどうしようもなくルーズだった」などと弁明しました。多くのレギュラー番組を抱える人気芸人の不祥事とあって、大きな波紋を呼んでいます。

若新は、開口一番「人間界には“ルーズ族”がいる」と宣言。「僕自身も、ルーズ族の末裔(まつえい)の1人くらい」と前置き、「ルーズではないきちんとした人からすると考えられない・ありえないことだと思うんですけど、徳井さんはきっとよく飛行機に乗り遅れちゃうタイプだと思うし、“絶対にこれをやらなきゃいけない”とわかっていてもできないことがある」と話します。

そして、「そういう人が普通にサラリーマンになろうとすると、本当に残念な社員になってしまう。書類を出せないとか、約束を守れないとか、やらなきゃいけない仕事を3年間もほったらかしにしていたら、普通はクビになってしまうもの」と説明したうえで、「一方で、期限が守れないとか、やらなきゃいけないことを先延ばしにしてしまうすごくいい加減な人間でも、違うところで才能があれば輝ける舞台があるということは、人間の社会において良いことだと思う」と言います。

しかし、「徳井さんは、秀でた才能を持った人だったから、お笑い芸人としては成功できたのだと思うが」とタレントとしての才能については評しながらも、「今回の件は、ルーズだから許されるのかと言うとそうではない。億単位の申告漏れはかなり罪が重い」と厳しく指摘。そして、「ルーズ族は死んで生まれ変わる以外、直らない。徳井さんは直せないんだから、申告漏れを防ぐ方法は2つしかなかった」と持論を展開します。

徳井さんは、節税対策のために個人会社を設立していましたが、「1つは、ルーズなんだから、個人会社を立ち上げて手間がかかることをすべきではなかった。吉本興業から直接給料をもらっていれば、苦手なことは会社がやってくれるわけで、節税はできないけど申告漏れは起きなかった」と主張します。

そしてもう1つは「徳井さんはルーズなのに、自分でがんばれば年に1回の申告ぐらい続けられると思ったのが間違いだった」と指摘。「ルーズなのは直らない。会社を作って節税しようとしたのであれば、自分で(苦手な申告を)やろうとするのではなく、ちゃんとできる人を入れるか任せるしかなかった。もしくは税理士と顧問契約をするなど、徳井さんの代わりに、申告業務を必ず責任持ってやってくれる人を雇うなりしていれば良かった」と話します。

最後に若新は、「苦手なことは自分でやらないこと。役割分担をすることが大事。でも徳井さんは、できる人を雇っても酷すぎてついていけないくらいルーズだったのかもしれない。そしたら最後は、オカンにでも頼るしかない。それがルーズ族の責任」と述べていました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ JFN PARKでは、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
また、無料スマホアプリWIZ RADIOでは、OA局をチョイスすることで、全国のFM局の番組が聴取可能です。
★ダウンロードはこちら→https://www.wizradio.jp/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning〜season your life with music〜
放送日時:毎週月曜〜木曜 13:30〜15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)

関連記事(外部サイト)