「パワハラ 受けたことある」が68%! “線引き”をリスナーと考える

「パワハラ 受けたことある」が68%! “線引き”をリスナーと考える

「パワハラ 受けたことある」が68%! “線引き”をリスナーと考える

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週月曜日は、CIAやFBIなどの内定を受けつつ辞退した経歴を持ち、ベンチャー企業で執行役員をつとめるREINAさんとお届け。11月11日(月)の放送では、“パワハラの線引き”について話し合いました。



◆REINA「厳しく叱れない」 たかみな「定義難しい」

今年10月、大きな話題となった神戸・東須磨小学校での教員間によるいじめ問題。これは、加害者とされる教師4人が、30代男性教師に激辛カレーを食べさせるなどの悪質な行為を働きながらも、いじめを否定。しかし、被害者はいじめとし、警察に被害届を出しています。果たして、これはいじめ・パワハラだったのか……今回はその“線引き”についてリスナーからの意見を募集しました。

上司の利益が目的ならパワハラ、成長を促すならパワハラではない

加害者側は、かわいがりの延長線上としていますが、REINAさんは違和感を覚えたそう。「日本は“かわいがる”の表現が独特で英語には訳せない」と言い、さらには、「“パワハラ”自体が和製英語なので海外では言わない。海外ではいじめに近い」と指摘。また、「日本は外来語を使って、定義しにくいものを定義していて、パワハラやセクハラという言葉も安易に使っている」と意見します。

まわりが聞いても“パワハラ”と思えるとき

REINAさん自身もパワハラを受けた経験があるそうですが、それはパワハラという言葉がまだ普及していなかった10年ぐらい前のこと。しかし、最近では過剰に反応してしまうこともあります。「例えば、厳しく叱れないこともある」とREINAさんが言うと、たかみなも「飲み会への参加を強制するのもパワハラになりますよね……やっぱり定義の難しさを感じる」と同意していました。

ちなみに、今年5月には「パワハラ防止法」の法案が成立し、そこでは、「優越的な関係を背景とした言動」、「業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの」、「労働者の就業環境が害されるもの」がパワハラに該当するとされています。

ただ、パワハラに当たる行為でも社員が仕方がないと思ったり、見過ごされたりすれば該当しないだけに、「やっぱりまだグレーですよね」とREINAさん。さらには海外に比べるとまだまだ規制が弱く、「政府からすると経済界からのプレッシャーもある、そこが日本の弱いところ」と話します。

パワハラは大人のいじめ……職場で何をしても否定された

REINAさんによると、日本の転職率は外国に比べて低いそう。「海外では合わないと思ったら転職、それが(パワハラなどの)対策でもある」とのこと。

また、REINAさんは日本に来て、年齢を聞いたり、彼氏の有無、結婚のことを普通に聞かれたりすることがショックだったとか。「海外では年齢を聞くのはタブー。家庭やパーソナルな質問はしない」と言います。

まだまだ“線引き”が難しいパワハラですが、REINAさんの会社は大半が外国人で、何かあれば常にディスカッションを行うようにしているそう。「(パワハラについては)海外でも常にディスカッションが行われているだけに、もっとオープンにできると違ってくると思う」と推測し、「まずは国民が話し合って認知度を上げていくのが大事」と話していました。

なお、番組ではTwitterで「パワハラを受けたことはありますか?」とアンケートを実施したところ、最終的な結果は「ある」が68%。「ない」が32%でした。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月19日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)