丸山桂里奈が珍告白! 「AIだと思っていたんですよね…」サッカー新システム“VAR”を勘違い

丸山桂里奈が珍告白! 「AIだと思っていたんですよね…」サッカー新システム“VAR”を勘違い

丸山桂里奈が珍告白! 「AIだと思っていたんですよね…」サッカー新システム“VAR”を勘違い

藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。11月2日(土)の放送では、10月28日(月)に「第46回東京モーターショー2019」のTOYOTAブースでおこなわれた公開収録から、スペシャルゲストとして登壇した元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんとのトークをお届けしました。

(左から)伊藤友里、浜崎香帆さん、丸山桂里奈さん、藤木直人



◆実は大の車好き
藤木:丸山さんは、車がお好きなんですよね?

丸山:そうなんです。「何が好き?」って聞かれたら「車!」と答えるくらい、ほぼ車に乗っているんです。今日も自分で車を運転して来ました。

藤木:いい結果が出たとき、そうではないときがあると思いますけど、車のなかの移動時間というのが重要だったりしますか?

丸山:すごく重要ですし、大人になってからなかなか1人の時間って取れなくないですか? サッカーの場合は、働く場所も一緒だったり、練習や寮も一緒だったりするので、そうなると車しか1人の時間がないんですよね。

伊藤:その日の試合を整理したり、頭のなかで“次はこうしよう”と考えたりするんですか?

丸山:その通りですね。車のなかだと全部整理されるので、よく乗っています。

藤木:アスリートにとって、モビリティは重要なんですね。これからの車は、どんな風になっていってほしいですか?

丸山:先ほど(会場内を)歩いてブースを見させていただいたんですけど、“本当に車なの?”って思うくらい見た目もカッコイイし、近未来な感じがして。それくらい進化していてビックリしました!

トヨタ自動車の電動スポーツカー「e-RACER(イーレーサー)」と浜崎香帆さん、伊藤友里



◆監督がAIになったら…!?
藤木:東京2020では選手の移動などでも使用される、自動運転技術を活用した「e-Palette」や、TOYOTAブースでも水を運んで活躍している「Micro Palette」があります。さらに、今回別会場の「FUTURE EXPO」でも聖火ランナーの伴走車となるLQも展示されているんです。こういったテクノロジーが確実に私たちの生活に反映されていくわけですよね。やはり、安全面がより高まっていくというのは一番重要なことですね。

丸山:重要ですよね。私も安心や安全というのを一番大事にして乗っているので、それがもっと進化していろいろな車が出てくるのは夢のようです。

藤木:スポーツの世界でも“AI(人工知能)”などのテクノロジーは活躍しているんですか?

丸山:最近、サッカーに「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」が導入されたらしいんですけど、あれをAIだと思っていたんですよね(笑)。

藤木:VARは、ビデオ判定で審判がジャッジするのでAIではないですね(笑)。

伊藤:イングランドでは、アマチュアのチームですけどAIの監督が導入されているというニュースがありましたよ。

藤木:バレーボールでは試合中、タブレットでプレーが観られたり、選手の動きが解析できたりしますが、サッカーもそういうのはあるんですか?

丸山:分析するのはあると思いますけど、それは人がやっていますもんね。でも、私は監督がAIになるのは賛成だと思います。監督って怖い人が多いじゃないですか。AIって怖くないし、的確なことを言ってくれるっていう信頼感もあるし、平等にみんなを見るから私は良い気がしますけど(笑)。

◆今の“なでしこジャパン”は?
藤木:丸山さんがなでしこジャパンに在籍していたときは、監督は佐々木則夫さんでした。選手との距離も近くて、良い雰囲気だったように見えましたけど。

丸山:そうですね。距離は近かったです。監督ってちょっと怖いイメージがありますけど、則さんの場合は私たちの横に来て横から喋るみたいな、同じ目線で喋ってくれるんです。だから、則さんが言うことは聞きやすいし、私たちも意見を言いやすい環境でした。

藤木:2016年からは監督が替わって、高倉麻子監督になりました。高倉さんの選手時代はどうでしたか?

丸山:選手のときは一緒にはなってないんですけど、代表で活躍されていた選手ですし、知っている選手が監督になるというのはすごくうれしいです。海外だと女子の監督が多いんですよ。

藤木:ただ、「FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019」では、ベスト16で敗退してしまいました。

丸山:オランダと対戦したんですけど、オランダも良いところまでいったんですよ。なので、もしあそこで日本が勝っていたら日本もそこまでいけただろうし、本当にちょっとの差で変わった結果だったので、2020年東京オリンピックでは絶対にメダルを獲れると思いますよ。

今の若い選手って、すごくテクニックがあるんですよ。あとは、コミュニケーションや選手同士の相性がうまく噛み合えば良いところまでいくと思います。

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、伊藤友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/

関連記事(外部サイト)