[ALEXANDROS]川上洋平 受験生にアドバイス「英語の長文を解くコツとは?」

[ALEXANDROS]川上洋平 受験生にアドバイス「英語の長文を解くコツとは?」

[ALEXANDROS]川上洋平 受験生にアドバイス「英語の長文を解くコツとは?」

[ALEXANDROS]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。番組で担当している進路室の先生として、中学3年生のリスナーから届いた英語のテストに関する質問にアドバイスを送りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」11月19日(火)放送分)



【リスナーの質問:洋平先生こんばんは! 私は今年受験生の中3です。志望校は英語に強い学校で、入試も英語重視、問題ももちろん難しいです。そこで、洋平先生に質問です! 英語の長文を速く読むコツを教えてください! また、文法の問題を確実に解けるようにするには、どう勉強するのがいいんでしょうか? 最後に、もう受験が近いとわかっていても、まだだらけてしまう私に、特別大きな喝をいれてください! よろしくお願いします!!(15歳女性)】

川上:英語の長文か〜。いきなりバッって目の前にあると「これ読むのか〜……」ってなると思うんだけど、国語が得意であればイケるのかなと思います。英語も国語も、基本的には文章が好きであれば、まずそれが強みになる。

僕の記憶では、長文は1ページの上半分に文章があって、下半分に問題が5個くらいあるって感じですかね? 定番のやり方だと思うんだけど、まずは問題から読む。「1問目は○○を聞かれてるんだな……2問目は……」って質問を把握してから文章を読むと、その大事な所だけがピックアップされて頭に入ってくる、と思います。

その長文の読み方……速読ってやつだけど、高校受験であれば基本的にはSVO、SVO……で構成されていると思うから、長文と言ってもそんなに難しくない文法が並んでいると思います。だから、そこで怖がらない。
ここで、さっき頭に入れた質問だけど、先に質問を把握しておくと、こういう主人公がこんな悩みを抱えていて……という何となくの雰囲気がわかりますよね。長文の構成で多いのは、最初の2〜3行は物語の主人公の成り立ちで、真ん中あたりで問題提起されて、最後に解決ってパターンだから、「3問目はこういう問題だから、大体長文の真ん中あたりに答えがあるんだろうな」っていうのがわかる。だから実は、文章の構成を理解しておくと、全部読まなくてもいいんですよね。

あとは、いかにスピーディに読むか、ってことですけど……スマホでニュースとかを見るときって、けっこう読むの速いと思うんですよ。そういう感覚で読むといいと思うんだよね。必要な所だけバーっと入れるイメージというか。

あとは、例えば問題で『○○が発言した理由を述べよ』とかあるとしたら、長文の中から“Because”で始まる文を探してみる。長文は文章を読むことが大事ではなくて、問題を解くのが一番大事だから。それを理解して向き合ってみると良いと思います。

俺は、慣れれば今言ったやり方ではなくても、自分なりのコツみたいなモノも掴めると思うので、数をこなせばイケると思います。頑張れ!!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月27日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)