THE CHARM PARK が告白「実は親からは、音楽をやることをすごく反対されていた」

THE CHARM PARK が告白「実は親からは、音楽をやることをすごく反対されていた」

THE CHARM PARK が告白「実は親からは、音楽をやることをすごく反対されていた」

音楽プロデューサー・松任谷正隆が、さまざまな分野のゲストを迎えて新たな魅力に迫るTOKYO FMの番組「JINS presents 松任谷正隆の…ちょっと変なこと聞いてもいいですか?」。11月15日(金)、22日(金)の放送は、シンガーソングライター・Charm(チャーム)によるソロユニット、THE CHARM PARKがゲストに登場。本記事では、15日(金)放送の前半パートの模様を紹介します。


(左から)松任谷正隆、Charmさん


◆「いろんな文化を吸収するには最適の場所」
松任谷:韓国・ソウル生まれのCharm さん。8歳までソウルにいて、そこからしばらくはアメリカでしょ?

Charm:そうですね。

松任谷:アメリカに行った理由は?

Charm:当時多かったのですが、子どもの教育のために家族全員で移住したんです。(小学校3年生から高校までロサンゼルスで過ごし、大学卒業後にまたロサンゼルスで暮らし始めたのですが)ロサンゼルスって、他のアメリカの都市と、ちょっと違うんです。いろんな人種がいっぱい集まっていますので。

韓国の友達ができると韓国語で話したり、日本の友達ができたらゲームやアニメの話で盛り上がったり。なので、いろんな文化を吸収するには最適の場所だったと思います。

松任谷:音楽に興味を持ち始めたのは、いつ頃ですか?

Charm:もともと、身近にいろんな楽器があったんです。父は教会の牧師さんで、母は教会でピアノを伴奏していて。なので、毎週歌っていました。

松任谷:音楽が身近にあったんですね。

Charm:讃美歌があったし、ゴスペルも聴いていました。一方で、母はクイーンやディープ・パープルなどが大好きだったので。父は牧師さんなので、(ルチアーノ・)パバロッティとか、クラシカルな曲をよく聴いていましたね。

松任谷:恵まれた環境ですよね。

◆X JAPANの影響でギターを
Charm:あとは、兄が中1、2のときにロックに目覚めて。LAにいるとき、兄の日本人の友達からミックステープをもらって。そこに、X JAPANの音楽があったんです。

松任谷:なるほど。Charmさんからは、Xの影響を受けたようには何にも感じないんだけど。

Charm:そうですか?(X JAPANのメンバーHIDEさんとPATAさんが)2人でギターソロをやるのがとても印象的で。で、兄がエレキを始めたころに“一緒にハモれたらいいな”と思って、ギターを始めましたね。

松任谷:当然、お兄さんの影響は強かったと思うけど、普通はクラスメイトからの影響を強く受けたりすると思うけど?

Charm:兄への憧れが強かったんでしょうね。当時は、クラスメイトが聴いている音楽よりも、はるかに上のところにある音楽を聴いていると思っていました。“僕はこういう音楽を聴いているけど、お前らわからないでしょ”って(笑)。

松任谷:でもそういうの、必ずありますよね。その頃、クラスメイトはどんな音楽を聴いていた?

Charm:中学生の頃は、ニュー・メタルですかね。コーンやリンプ・ビズキットなど。特に好きだったのは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。すごいロックですけど。気が合う中国人のクラスメイトは、GLAYやL'Arc~en~Cielを聴いていましたね。僕は当然X JAPANを聴いていたので、向こうもそれを知っていて。“バンド作ろうよ”ってなって、一緒に組んだりして。

松任谷:不思議だなぁ。韓国のCharmさんと中国のクラスメイトが日本の曲をやるんだ。

Charm:僕もいま思い出すと“なんでだろうな”とは思いますけど。でもやっぱり、日本の文化はアニメーションやゲームなども進んでいて。自分の耳には、アメリカの音楽よりも、すごく聴きやすかったっていうのがあったんですよね。

◆ネクストステップは「ジャズバンド」授業
松任谷:中3ぐらいでバンドを組んだあと、次の音楽のステップは?

Charm:高校ですね。アメリカの高校は4年制なんですけど、「ジャズバンド」という授業があるんです。学校内で唯一、エレキギターを持ち歩いてもいいような授業で。ギタリストが1人か2人しか選ばれないのでオーディションで決めるんですけど、運が良かったのか、そこに高1から入ることができて。4年間、そのジャズバンドをやりました。ジャズっていうか、音楽の世界がもう少し広がったような気がして。ネクストステップだったんだろうなと思いますね。そこから真面目に音楽を勉強しても面白いかなと思って。実は親からは、音楽をやることをすごく反対されていたのですが。

松任谷:え、なんで? そこまで行って。

Charm:やっぱり不安だったんでしょうね。音楽でちゃんと成り立っている人が、周りにあまりいなかったので。そんなときに、ジャズバンドの先生がお母さんを呼び出してくれて。で、“音楽やってもいいよ”って薦めてくれるようになって。それで、なんとか音大に行けたと思いますね。

??後半記事はコチラ

次週11月22日(金)の放送も、引き続きCharmさんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月23日(土・祝)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JINS presents 松任谷正隆の…ちょっと変なこと聞いてもいいですか?
放送日時:毎週金曜 17:30〜17:55
パーソナリティ:松任谷正隆
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/masataka_tfm/

関連記事(外部サイト)