木村拓哉 ドキュメント番組・ナレーションと被災地への思いを語る

木村拓哉 ドキュメント番組・ナレーションと被災地への思いを語る

木村拓哉 ドキュメント番組・ナレーションと被災地への思いを語る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。11月24日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに木村が答えました。


◆「皆さんに知っていただくきっかけになれば」
<リスナーからのメッセージ>
「キャプテン(※本番組での木村の呼称)が『テレメンタリー2019』でナレーションをつとめた『俺たちのミカン』を拝見しました。去年、豪雨で大きな被害を受けた地域に、キャプテンたちが“Johnny's Smile Up!Project”で炊き出しに行ったこと、その被害の凄まじさ、そしてミカン農家の方々の大変な状況を知りました。

ちょっと前に、キャプテンのWeiboで玉津(愛媛県宇和島市)のミカンジュースの写真を投稿していて、“今でも(地域の方と)つながっているんだな〜”と思って温かい気持ちになりました。キャプテンのナレーションは、相手に寄り添い、誠実で温かくてとても心地良かったです。声のお仕事ももっとやってほしいです。ナレーションの収録の様子など、ぜひ聞きたいです」(35歳 女性)

このメッセージに「ラジオも一応声の仕事なんですけどね(笑)」と軽くツッコミ。オファーを振り返り、「“Johnny's Smile Up!Project”で(愛媛に)お邪魔したのがきっかけではあったんですけど、テレビ朝日系列の方からお話をいただいて。『ぜひ、やります!』と二つ返事で参加させていただきました」と経緯を説明。

そして、「現地の方々は、きっとドキュメンタリーに収められている以上のことがあって、もっと汗を流しているだろうし、もっと歯を食いしばっていると思うので。僕はその一部に参加させていただいただけですし、現地の方々の思いや気持ちはもっと大きいと思います。皆さんに知っていただくきっかけになれば」と語りました。

次回12月1日(日)の放送は、2020年1月8日(水)リリースの木村のアルバム『Go with the Flow』から楽曲をオンエアしながら、レコーディングの裏話などをお届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年12月2日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)