「緊張をほぐす方法」は? 鈴木おさむ・GENERATIONSメンバーが語る

「緊張をほぐす方法」は? 鈴木おさむ・GENERATIONSメンバーが語る

「緊張をほぐす方法」は? 鈴木おさむ・GENERATIONSメンバーが語る

TOKYO FMの生放送番組「鈴木おさむと小森隼の相談フライデー」。放送作家の鈴木おさむと、7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼が“相談員”となり、リスナーの人生相談にコンサルしていきます。11月22日(金)の放送は、ゲスト相談員としてGENERATIONS from EXILE TRIBEメンバー全員が登場。相談員の2人とともに、リスナーの悩みに応えました。

左から鈴木おさむ、片寄涼太、数原龍友、中務裕太、関口メンディー、白濱亜嵐、佐野玲於、小森隼



<リスナーからの相談>
大学3年生で就職活動をしています。面接を受けていますが、緊張から空回りしてしまいます。緊張をほぐすためにいい方法があれば教えてほしいです。(ラジオネーム:ちいたむさん 21歳 女性)

おさむ:GENERATIONS 7人のなかで、誰が一番緊張しやすいですか?

小森:僕、けっこう緊張しいですね。

おさむ:あとは?

関口メンディー(以下、関口):僕も。めちゃめちゃ緊張すると、けっこう噛んじゃうんですよね。

小森:メンディーさんの場合、緊張というか不安のほうが大きいんじゃないですか?

関口:そっちか。

おさむ:裕太は緊張しない?

中務裕太(以下、中務):僕は直前まで緊張して、始まったら全くしないですね。

白濱:だから隼かな。

おさむ:それはライブ?

小森:ライブもラジオも。やること全てですね。

片寄涼太(以下、片寄):俺はそんなに。今まで、長ゼリフ、長いシーンはありましたけど。(ドラマ「3年A組」で)菅田(将暉)さんとの対峙とか。もう感情でいくしかない感じだったので、緊張はあんまりなかったですね。

おさむ:たまに、すごいシーンあるじゃん。(大御所の俳優さんと一緒の場面で)絶対に間違えられないシーンとか。

白濱亜嵐(以下、白濱):間違えられない瞬間は、やっぱりありますね。(映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の)奥田瑛二さんと2人のシーンでは、間違えないように頑張っていましたね。

小森:NGを出さないようにね。

佐野玲於(さの・れお。以下、佐野):以前出演したミステリードラマ(「隠蔽捜査」)の食事シーンで、杉本哲太さんと鈴木砂羽さん、古田新太さん、三倉茉奈さんがいらっしゃって。古田新太さんってアドリブがすごいんです。お芝居も毎回違うし。「もっと食べろよ」みたいな(感じで言われるんですけど)、食べる芝居って一番難しいんです。「なんで食べないの?」「カニ食べろよ」とか言われて、マジ緊張して、あれはけっこう泣きそうでしたね。

おさむ:さて、相談に戻って。緊張をほぐす方法。

白濱:小森さんは“香り”を大事にしますからね。

小森:ライブのときは、アロマを持ち歩いているんです。匂いを嗅いで本番に臨んだり。あまりにも緊張しているときは、本番中に(アロマを)浴びています。亜嵐くんが、一番迷惑(を被っていると思う)。

白濱:すごい香りするときあるもん。

おさむ:緊張したときは、どうするの?

片寄:でも、やるしかないですからねぇ。どちらかというと、吹っ切れちゃうタイプですね、僕は。

おさむ:数原(龍友)は緊張しないの?

数原:いや、めちゃくちゃします。

おさむ:そういうときは、どうするの?

数原:直前まで、まったりした音楽を聴いていますね。最近は(テンションを)高めないようにしています。(気持ちを)しずめている感じですね。

中務:確かに。普段、あんなにふざけているのに、本番前は本当にふざけないですよね。

白濱:メッチャ真面目モード。根が真面目だから。

小森:本当に。“別人来た”みたいな感じになっちゃいますもんね。人と喋らないですもん。

数原:ギリギリまで音楽を聴きながら、鏡の前立って(気持ちをしずめている)みたいな。

おさむ:この間、イチローさんと仕事で3時間話したんです。試合前に音楽を聴いて気持ちを上げる人もいるけど、イチローさんはそうじゃなくて、雑音をカットするためだって言ってた。試合までは、とにかく1日をルーティーンにしたいんだって。

だから、毎日カレーを食べるのもそう。“美味しい”とか“イマイチ”とか思いたくないんだって。毎日違うものを食べると、“これうまい”とか思いますよね。それが邪魔なんだって。試合が終わるまでは、とにかく全てをルーティーン化して、ストレスをかけたくないって言ってた。

片寄:そこに感情を揺さぶられるのがもったいないんですね。

おさむ:緊張をほぐす方法は隼のアロマと、数原は落ち着いた音楽を。

佐野:落ち着いた音を聴くのは、確かにあるかも。俺もそういう感じです。

おさむ:へぇーっ。全然違う?

佐野:全然。ほかは聴かないですね。

小森:亜嵐くんって緊張したことあるんですか?

白濱:全然、緊張しますよー。

小森:(笑)。してないでしょ。することある?

白濱:昔、演技レッスンを受けていたときに、緊張したときの対処法などを習ったんです。“地面”と“足の裏”がくっついている感覚を意識できるようになると、足元に意識がいくので緊張にとらわれなくなるって。緊張はめったにしないけどね。でもこの間、紅白の(出場歌手発表会見)コメントのときは、めっちゃ緊張しました。手汗でマイク滑り落ちるんじゃないかなと思うくらい。

おさむ:ボクはあまり緊張しないんだけど、昔、木村拓哉さんから教えてもらったことがありまして。中田ヒデ(英寿)がサッカーのワールドカップ初出場直前に、電話をかけてきたんだって。「なんかもう、めっちゃ緊張する」「やべぇよ」とか言ってたので、「お前さ、その緊張を感じることができる人、日本で11人しかいねぇんだぞ」って言ったって。

一同:カッコイイーーーー!!!!

おさむ:その話を聞いてから、“この緊張は、自分の一生のなかで何回あるんだろう”って変換するようにしたの。そう思えるようになったら、すごく楽しめるようになってきて。
だから、学生時代に受験するときにその方法を知っていれば、すごく楽だったなと思って。今回の相談者・ちいたむさんも、就活の面接前に、そういうふうに思ったらいいかもしれないですね。

佐野:ワクワクしますね、そう考えたら。

次回11月29日(金)は、堀江貴文さんをゲスト相談員にお迎えします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年11月30日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
放送日時:毎週金曜12:00〜13:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/soudan/

関連記事(外部サイト)