迫る東京2020大会…平野早矢香は卓球女子の“熾烈な代表争い”をどう見る?

迫る東京2020大会…平野早矢香は卓球女子の“熾烈な代表争い”をどう見る?

迫る東京2020大会…平野早矢香は卓球女子の“熾烈な代表争い”をどう見る?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。11月23日(土・祝)の放送は、ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さんが登場しました。

平野早矢香さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆試合中には駆け引きが……

丸山:テレビで卓球を観ていて“すごい!”と思うのは、打ち合い。全然目が追いつかないです。

平野:そうですよね(笑)。卓球台を挟んで3メートルくらいの距離感で打ち合うことが多いので、スピード感は速く感じると思います。

丸山:我々ゴルファーからすると、スポーツの能力で衰えてくるのは体力とか、ケガをして痛くなるなどがありますけど、卓球の場合、目じゃないですか?

平野:引退して3年経って、観ているぶんには“こうして、ああして……”と頭のなかでは理解できるんですけど、実際にコートに立つと目の反応とか、体の反射神経などが衰えていきますね。

丸山:瞬時にパッと手が出ていたのが出なくなったり、今まで追いついていた球が追いつかなかったり?

平野:そのギャップが、29歳、30歳、31歳……と1年ずつ違った感じがしましたね。

丸山:卓球はゴルフで言うマッチプレーをしているような感覚でしょうか。相手から“威圧されている”とか感じます?

平野:卓球は、距離が近いのでわかりますね。打っている最中は、相手を観察する時間はないんですけど、ラリーが終わったときに、相手のしぐさなどを見て、“今、表情が変わったな”とか。選手って、打ち終わったあとに素振りをしちゃうんですけど、それを見て“あっ、あそこ嫌がっているな”って。けっこうそういった駆け引きはありましたね。

丸山:世界ランキング1位の選手に勝つのって、相当大変じゃないですか?

平野:正直、私が現役のころはトップの中国の選手とかは勝てる気がしなかったです。1ゲームを取るのがやっとという感じだったんですけど、今の日本代表の選手たちはすごくレベルが上がっていて、最近では中国のトップ選手に勝つことも増えているので、私が現役だったころよりも選手のレベルがグッと上がったように感じます。

◆卓球女子 熾烈な代表争い

丸山:東京オリンピックが近づいていますが、女子の代表争いが凄まじいそうで。

平野:可哀想なくらいに大変なんです。卓球の日本代表は何で決まるかと言うと、2020年1月の世界ランキングで決まるんですね。シングルスは2枠、団体戦でプラス1枠の3人で戦うんですけど、自分で代表入りの権利を勝ち取ることができるのは、2020年1月の世界ランキングで日本人上位2名に入ること。3人目は、必ずしも世界ランキングで3番手の選手というルールはなくて。

丸山:そうなんですか?

平野:団体戦は、ダブルスがあるのでペアリングも考慮したうえで、選ぶと。

丸山:それは誰が選ぶんですか?

平野:日本卓球協会が選ぶので、選手が選ぶことはできないです。

丸山:ペアを組んで、やりやすい、やりにくいってあるじゃないですか。

平野:それはありますね。でも、試合全体を通して“勝つ”ことを考えて、日本卓球協会の強化本部長や男女の監督さんとかが話し合って決めていると思います。そうは言っても、過去これまでの大会では3番手の選手が選ばれてはいましたね。今は全体的に選手のレベルが上がっているので、わからないですね。

丸山:今のところ伊藤美誠選手と石川佳純選手、それから平野美宇選手の3人ですか。

平野:今、日本のなかで一番世界ランキングが高いのは伊藤美誠選手で、次が石川佳純選手。その次に平野美宇選手が並んでいて。

丸山:石川佳純選手と平野美宇選手が僅差なんですね。

平野:そうですね。ポイントシステムが難しくて、去年1年間のポイントがまだ残っている形で、1年後には消えていくポイントがあるので、それを考えると、現在2番目の石川佳純選手と3番目の平野美宇選手はほとんど差がなくて、来年1月の段階だと平野美宇選手のほうが若干リードしているくらいなんです。

丸山:そうなんですね。

平野:ただ、12月までたくさん大会があるので。

丸山:今後、日本代表が決まるまでの戦いのなかで、注目すべき大会はありますか?

平野:11月には、卓球ワールドカップ団体戦や、卓球オーストリアオープン2019があったんですけど、12月はワールドツアーグランドファイナルのポイントが大きいです。

丸山:次週は平野さんの卓球人生やゴルフの話なども伺えたらと思います。

次回11月30日(土)の放送も、引き続き平野早矢香さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

なお、JFN PARKで丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」がスタート! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年12月1日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00〜7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

関連記事(外部サイト)