自然災害のリスク、メンテナンス費用…「戸建て派」vs「マンション派」 みんなの意見は…!?

自然災害のリスク、メンテナンス費用…「戸建て派」vs「マンション派」 みんなの意見は…!?

自然災害のリスク、メンテナンス費用…「戸建て派」vs「マンション派」 みんなの意見は…!?

TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」で取り上げたTFM+コラム「戸建て派 vs マンション派 もし、あなたが購入するなら…!?」。後にYahoo!で配信したところ、Yahoo!のコメント欄に意見が寄せられました。今回は、そのコメント欄からピックアップした興味深い意見を、パーソナリティのたかみなのコメントとともに紹介します。

※写真はイメージです



「一戸建て」か「マンション」か。それぞれにメリットとデメリットがあり、購入をするときには一大決心が必要です。

例えば戸建て派の意見として、こんなものが。

「犬を多頭飼いしているので、一戸建て一択です。マンションでは小型犬1、2匹は飼えても中型・大型になるとなかなか。できれば庭付きが望ましいけど、それはこれからの出世次第、ということで(笑)」(30代・男性)

「ネコちゃんは小さいからなんとかなるけど、ワンちゃん、特に大型中型は戸建ての方がいいですかね」とたかみな。この日のパートナーで文筆家の古谷経衡さんも「一軒家だと階段の上り下りでワンちゃんも運動できそう。ストレスがないかもしれませんね」とコメントしていました。

Yahoo!のコメント欄にも、様々なコメントが寄せられました。

「実家は一戸建て。2階に上がるのが、脚の悪い母親には大変だった。郊外で駅から遠いし、車でないとスーパーにも病院にも行けず、父親が認知症で車を暴走させて廃車になり、にっちもさっちもいかなくなった。

なので、徒歩圏内でなんでも済ませられる都会でマンションに住むのが一番楽だと思う。でもマンションって管理費や修繕積み立てが大変……買うか賃貸か本当に悩んでます」

縦の移動がある一軒家は年を取ってからが大変、というのも1つのポイント。メンテナンスなども高齢になると一苦労なので、老後は管理をしてくれるマンションに移り住むというパターンも多いようです。

「ライフスタイルが変化するから、そのときに合った住まいが理想。新婚で、子どもが小さいうちはマンションが住みやすかった。子どもが小学生高学年からは戸建てで広々住むのがよかった。子どもが独立したら一室だけ余裕をつくった平屋がいいけど、住み替えはもう無理」

確かにその時々のステージによって便利な住まいは変わるもの。ですが、かけられるお金も限られるなか、どれを選ぶのか……悩みますね。

意見のなかで多かったのは、昨今の自然災害を経験し、住む場所についても考えた、というもの。

「この前の台風、武蔵小杉のタワマンの被害も、電気や水道が数週間使えないというだけ。何より、家も家財も無事にちゃんと残ってる。これが戸建住宅の場合だと、床上浸水の被害に遭ったら、大規模リフォームしないととても住めないし、家電家具家財もパー。

ボランティア来なきゃ片付けもままならない。最悪、洪水で家屋流出したら被害は甚大。途方に暮れるしかない。そう考えると、マンションがメリットあるのかも? よほど低層でない限り津波が来ても助かるし。最近の雨の降り方尋常じゃないし」

「阪神大震災を経験していないからねえ? 判らない人たちが多いのでしょうか? マンションは、厄介ですよ。火事現場の後始末とか? 絶対一軒家です」

色々と予測は立てられますが、何が良かったのかは災害が起きてみないとわかりません。ですが大きな災害によって考えが変わった人はたくさんいるようです。

「これだけ自然災害が多いと、35年もの融資を組むことがリスク。私は賃貸派。退職金で夫婦に合った中古でも買えればと思ってます」

そもそもローンを組むこと自体をリスクだと捉え、自由のきく「一生賃貸」を選ぶ人も。マンションにしても一戸建てにしても、家を購入することは考えていないという人が増えてくるのかもしれません。

先が見えない今の時代、何十年後の生活を予想して家を買うのは勇気が要るもの。慎重になりすぎても前に進めないので、ときには「なんとかなる」という思い切りも必要なのかもしれませんね。

<番組概要>
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)