元新体操日本代表・畠山愛理が語る“美の秘訣”と“食事”

元新体操日本代表・畠山愛理が語る“美の秘訣”と“食事”

元新体操日本代表・畠山愛理が語る“美の秘訣”と“食事”

藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。11月23日(土・祝)の放送では、元新体操日本代表の畠山愛理さんをゲストに迎え、美や食事面の秘訣について伺いました。

(左から)藤木直人、畠山愛理さん、伊藤友里



畠山さんは東京都出身の25歳。2009年に新体操日本代表「フェアリージャパン」入り。2012年ロンドンオリンピックに出場し、団体で7位入賞。そして、2016年リオデジャネイロオリンピック出場後に引退し、現在は新体操の指導のほか、講演、メディア出演など多岐にわたり活動しています。

◆畠山流“美”の秘訣は?

藤木:フェアリージャパンに選ばれるためにはプロポーションも重要視されますけど、畠山さんの“美”の秘訣とは?

畠山:私が特に気をつけているのは姿勢ですね。常にお腹に力を入れるようにしています。頭の真ん中のところから糸が1本出ていて、その糸を上から引っ張られているような感覚になると肩も自然と下がるし、首も伸びるし、お腹も自然に凹みます。

藤木:普段から気をつけているんですか?

畠山:テレビを観ているときは柔軟をしています。あと、現役のときはしていなかったんですけど、毎日逆立ちしています(笑)。動かなくなったことでむくみやすくなったので、頭を下にするとすごくスッキリするんです。

◆食事で気をつけるべきこと

藤木:現役時代、食事面はどのようなことに気をつけていましたか?

畠山:とにかくバランスよく摂ることを、気をつけていましたね。体型維持が必要なんですけど、練習時間が長い競技なので、しっかり食べないと後半持たないんです。私もそうだったんですけど、食事の取り方をわかっていない若い選手たちが体を壊してしまって、ケガに繋がってしまうことも……。私は中学1年生のときに鉄欠乏性貧血で「車椅子に乗ってください」と言われたくらいでした。

伊藤:そんなに……。

畠山:でも、練習もしなきゃいけないので、そこで食事を見直すきっかけになりました。食べないことがどんなに体に良くないのかを、すごく学びました。スポーツをしていない人も共通でやれることだと思うんですけど、痩せなきゃいけないときは、例えば夜ご飯だけタンパク質としてお肉を食べていた部分を納豆や豆腐に変えるとか。

お肉を食べるにしても、ささみや鳥の胸肉にするとか脂質を見るんです。脂質が少ないものを摂るようにして、だけど満腹感を得られるような食事の取り方がいいと思います。

代表に入ってから1日8〜10時間練習していたんですけど、「その練習量をしていたら1食200グラム以上炭水化物を摂っても体に栄養がつかないよ」って栄養士さんに言われたにも関わらず、“炭水化物は太る”というイメージを小さいころからすごく持っていたので“白米なら100グラム”という数字を見ないと、なかなか安心できなかったんです。それは引退するまでなかなか抜け出せなかったですね。

笑顔を見せる畠山愛理さん



藤木:相当ハードな練習をされていると、食べないと痩せていってしまうぐらい?

畠山:そうですね。ただ、正しい食事の取り方をしていない子たちは、なかなか痩せられないんです。例えば、小さい頃から少しの量しか食べずに成長してきた子は、体を大きくしたいのにあんまりエネルギーを入れてくれないから、少しのエネルギーを体に蓄えようとしますよね。

伊藤:むしろ吸収しようとするんですね?

畠山:吸収しやすい体になっちゃうんです。なので、小さいときからの食事の取り方は、将来の“太りやすいか、太りにくいか”にかなり影響してきてしまいます。

伊藤:そうなると選手生命に関わってきますね。

畠山:新体操の場合、そうなんですよね。コーチは技術面だけではなく、小さいころから栄養の大切さ、正しい食事の取り方を教えていかないといけないと思います。

◆新体操の魅力とは?

藤木:2020年東京オリンピックで新体操を観戦する方も多いと思います。新体操はどんなところに注目したら楽しめますか?

畠山:国一つひとつ、いろいろな色を持っているんですね。選手たちはテーマを持って演技をしているので、難しい技をやるすごさももちろんあるんですけど、舞台を観ているような感覚で観てもらえたらと思います。

ルールがちょっと難しいと思われる方もいるかもしれないですけど、選手がどんな思いで踊っているのかとか、どんなテーマを持って踊っているんだろうっていう表現の部分を観てもらえると面白いと思いますね。サーカスのような技がたくさん入っているので、その辺りは新体操の見どころだと思います。

東京オリンピックでは、たくさんの日本のお客さんが観客席から大きな声援を送ってくれると思うので、日本の選手たちの活躍であったり、弾ける笑顔だったり、いろいろな表情を見てもらえたらいいなと思います!

次回11月30日(土)の放送は、パラ水泳界の第一人者・江島大佑選手さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年12月1日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、伊藤友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/

関連記事(外部サイト)