山本彩が語る「宇宙兄弟」の魅力!「すごく前向きになれた」

山本彩が語る「宇宙兄弟」の魅力!「すごく前向きになれた」

山本彩が語る「宇宙兄弟」の魅力!「すごく前向きになれた」

モデルのNOMAがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「東京プラネタリー☆カフェ」。毎週ステキなゲストをお招きして、“宙トーク”満載のスターパーティーをお届けします。11月 16日(土)、23(土・祝)の放送は、シンガーソングライターの山本彩(やまもと・さやか)さんが登場。“宇宙”を好きになったきっかけと、「宇宙兄弟」の魅力を語りました。

左から山本彩さん、NOMA



NOMA:山本さんは、星がお好きだと聞いているのですが、宇宙を好きになったきっかけは?

山本:もともと星空は好きで。今でも毎日、夜空は見上げているんです。って言ったら、なんだか、すごくクサい感じになりますね(笑)。

NOMA:いやいや。私も毎晩、見上げています!

山本:おじいちゃんの故郷が宮崎県で。昔は家族で毎年夏に宮崎県に行って、旅行をしていたんです。そのときに見た宮崎の夜空が、天然のプラネタリウムのようで。星が1つ1つしっかり見えて。そのとき、“星って見えるもんなんや”とすごく感動して。大人になった今でも忘れられないですね。

NOMA: 山本さんは「宇宙兄弟」(漫画家・小山宙哉さんの作品)の大ファンでもあるとお聞きしました。どんなところに魅力に感じますか?

山本:たくさんあるんですけど、やはり主人公のムッタ(南波六太)やヒビト(南波日々人)が“宇宙飛行士になる”という大きな人生の目標と夢を掲げて、それに取り組むところですね。突き進んでいく姿そのものもそうですし、そのなかで生まれる言葉の1つ1つが、自分も夢がある身としてすごく励みになるというか。本当に“名言の宝庫”だなって思う作品です。

NOMA:特に響いた名言があれば、ぜひ教えてください。

山本:ムッタの言葉「本気でやった失敗には価値がある」です。適当にやっていたら“ただの失敗”にしかなりませんが、失敗を経験にして、そこから学びを得ることが大切なんだということを教わりました。

失敗を恐れて何かしなくなるよりも、恐れずに本気でやって失敗したらしたで、そこからまた何か見つかればいいじゃないかって、すごく前向きになれた言葉です。

NOMA:そうやって、ふと俯瞰的に見たり感じたりできると、すごく心の支えになりますよね。

山本:そうですね。

<番組概要>
番組名:東京プラネタリー☆カフェ
放送日時:毎週土曜 20:30〜20:55
パーソナリティ:NOMA
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

関連記事(外部サイト)