ゲッターズ飯田「“悪い男”3つの特徴と見極め方」

ゲッターズ飯田「“悪い男”3つの特徴と見極め方」

ゲッターズ飯田「“悪い男”3つの特徴と見極め方」

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。

ゲッターズ飯田



[今週のしあわせ言葉]
悪い男の見極め方

よく「ダメな男」と言う人がいますが、見極めてください。

例えば、「人の話を聞かない」。もしくは、「人が話しているときに割って入ってくる」「最後まで話を聞かない」。こういう人は浮気をする率が高いです。常に話を聞いていない人は、危険な恋に手を出しがちなところもあります。

次に、「お腹が空くと機嫌が悪くなる男」。こういう男性もダメですね。空腹を人のせいにするというのは、ろくな人間じゃない。お腹が減ったならば、機嫌を悪くするのではなく、何かを食べればいい。それだけ。

それから、「人との交流を避ける男」。例えば、彼女と一緒にいるとき、そこへ彼女の友人を呼ぼうとすると嫌がる人。もしくは、一緒に会いに行こうというと、行かない人。そういう男には、何かしらの裏がある。だから交流を避ける。まっとうな人間ではないかもしれません。そもそも、人と会って、そこでパっと喋れない男はダメです。

最後は「博打にハマる男」。パチンコ、競馬、麻雀など、多少の遊び程度でやるならいいのですが、ギャンブルの刺激が好きな男はダメ。こういう男には、悪い男が実際多い。一発逆転を狙いたいという気持ちはわかるけど、それは人生で賭ければいいこと。ハマるほど博打を打つ男は、ダメな男になります。

◆紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。

<ゲッターズ飯田 プロフィール>
これまで約6万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。22年間占ってきた実績をもとに「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどにも数多く登場する。メディアに出演するときは、自分の占いで「顔は出さないほうがいい」から赤いマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は130万人を超え、著書の累計発行部数も450万部を超えている。(2019年9月現在)。『ゲッターズ飯田の金持ち風水』、『ゲッターズ飯田の裏運気の超え方」、『ゲッターズ飯田の「五星三心占い」決定版』(すべて朝日新聞出版)、『ゲッターズ飯田の運命の変え方』(ポプラ社)、『開運レッスン』(セブン&アイ出版)はいずれも10万部以上、本書の前年版にあたる『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2019年版』(セブン&アイ出版)は100万部以上を発行している。

関連記事(外部サイト)