奥田民生 ユニコーンは「友達で結成したわけじゃない」

奥田民生 ユニコーンは「友達で結成したわけじゃない」

奥田民生 ユニコーンは「友達で結成したわけじゃない」

奥田民生さんが、12月5日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長が用意した、リスナーから届いた質問に答えました。その中編。
●前編はこちら
●後編はこちら



――リスナーから届いた質問
【私は父親の影響で幼稚園のころからユニコーンを聴き続けています。どの曲も大好きですが、一番好きなのは『俺のタクシー』です。ソロ曲も合わせると相当な数の曲をお持ちだと思いますが、曲のネタはどこから入ってくるのですか?(16歳・女性)】

奥田:(『俺のタクシー』は)ドラムの川西(幸一)さんが歌っているやつですね。

とーやま校長:これは実際にあったお話ですよね?

奥田:そうそう。歌詞がね。阿部さん(ABEDON)が、タクシーに荷物を忘れた、って話ね。(この曲が好きというのは)渋いね(笑)。

とーやま校長:(笑)。曲のネタは?

奥田:ネタ! そりゃいろんなところから来ますよ。『俺のタクシー』のように出来事があって……まぁ、出来事があったからっていちいち曲にしようとは思わないけど。なんかボーっと考えているときに、そういうのが出てきたりすることもありますし。歌詞がない状態でメロディーみたいなものを鼻歌でふんふんしていると、なんか言葉が出てくるんですよ。なんでもいいから。なんなら“かき上げ”とかが出てくるじゃないですか。

とーやま校長:かき上げ(笑)……はい。

奥田:“かき上げ”が出てきたらそこは大事にして、その前後を作ったり。そういう作り方をしてる。何かがポンって……何でもいいから出てきたら、そこから繋げる。

とーやま校長:何かが出るということは、民生先生がどこかしらでインプット……いろんな物を見たり聞いたりとか、をされているからですか?

奥田:それはもちろんそうですよ。そのために何かをするということはしないですけど。本もそんなに読まなければ、映画もそんなに観ないけどね。ただまぁ、普段暮らしているから(笑)。なんかはあるから。

とーやま校長:フレーズとかは?

奥田:フレーズは……ま、パクリだね(笑)。

とーやま校長:(笑)。オマージュですよね?!

奥田:(笑)。嘘ですよ。何を言葉を変えてごまかそうと……(笑)。

【民生先生が大好きな大学1年生です。ユニコーンもカーリングシトーンズもカンタンカンタビレを見ていても、民生先生から「楽しい!」というのが伝わってきます。そして、素晴らしい仲間に囲まれていると思います。僕も民生先生のように、気が合う仲間を見つけたいです。どうしたら、いろんなことを一緒に楽しめる仲間が見つかると思いますか?(19歳・男性)】

奥田:そうですね……友達ですよね、大事なのは。あの、バンドって最初は友達同士でやるじゃないですか。でも友達同士のままでバンドが続くっていうのは、なかなかそんなに多くないでしょう? 上手、下手もあるし。

とーやま校長:はい。

奥田:俺はユニコーンでデビューしましたけど、ユニコーンは別に友達じゃなかった……まぁ、知り合いは知り合いでしたけど(笑)。友達で結成したわけじゃなくて、志が同じだということで……みたいな感じじゃないですか。だからデビューしてからも……何て言ったらいいんだろうね。そんな、友達だとは思っていないっていうか。

とーやま校長:ふぅ〜ん……はい。

奥田:いやまぁ友達なんだけど。もっと仲いいヤツいるし、みたいな。なんなら、スパゴー(Sparks GO GO)のほうが仲いいし、みたいな(笑)。

とーやま校長:はい(笑)。

奥田:そこでユニコーンというのは、その……再結成してからは話が変わってきましたけど、割と仕事でクールに結びついているぜ、みたいな雰囲気でやっていたんですよね。それで、そうこうしているうちに他のバンドの人とも仲良くなっていくと、話が合うとか音楽の好きなところが合うとかいう人が周りに現れてきて。そんでまぁ、仲良くなっていくからね。

とーやま校長:はい。(10月に配信された)『ライジングサン』あるじゃないですか。あれに、吉川晃司さんが出られているじゃないですか。同じ広島県の出身ですけど、二人が並んでいるところを想像したことが無かったんです。若いときには無かったんじゃないか、って勝手に思っているんですけど?

奥田:俺は並びたくないもん、画的に。あんな肩幅のヤツと。俺、ものすごくショボいじゃん。

とーやま校長:(笑)。そんな理由で?

奥田:そうよ。画的な問題よ(笑)。あの……同い年だし、高校のときからの知り合いなんですよ。

とーやま校長:そうなんですか?!

奥田:ちょっとね。ほんのちょっとよ。

とーやま校長:はい。

奥田:だけど、高校を卒業する前からヤツは上京して、ソロでやるっていうか……映画を撮っているらしいよ、とかそういう話も聞きながら……。だいぶ前に東京に行っていますから、当然、会うチャンスも無く。俺らが東京に行ったころには、大先輩な感じじゃないですか。だからなんかね、「同級生ですよね」とか俺が言うのも恥ずかしいじゃないですか。

とーやま校長:へぇ〜。

奥田:で、急にうちのドラムの川西さんと「最近、飲んでる」って話になって。そこに俺も行ったんですよ。その辺から普通に……吉川くんも、もろに広島弁でね。やっぱり、ヤツはヤツで丸くなっている、って言ったら怒られるかもだけど……ナイフのようなヤツだからね(笑)。

とーやま校長:(笑)。それから、2020年2月15日に東京・六本木で、完全招待制のライブイベントが開催されるんですよね?

奥田:……何ですか?

とーやま校長:(笑)。じゃあ、僕のほうから発表させてもらいます。12月5日に発売されたDVD&Blu-ray『RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019』、これを買った方が対象なんですよ。初回プレス分に封入されているハガキで応募して、当選者のみをご招待。当日はお酒を含むドリンクやオリジナルスイーツが振る舞われたり、東京タワーが見える夜景を背景に、奥田民生先生による演奏を堪能することができる……というのがあるそうですよ。

奥田:えぇっ……よく聞いてなかったわ(笑)。

とーやま校長:説明はあったんですよね?

奥田:そりゃあったんでしょう。勝手にやるわけはない!(笑)。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年12月13日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)